竹刈り体験会を行いました!


 11月3日に名東区猪高緑地で「竹刈り体験会」を行いました。

 ~竹刈り体験会~
 日時:令和2年11月3日(火)10:00~12:00
 場所:名東区猪高緑地
 参加者:59名(大人31名・子供28名)
 主催:名東自然倶楽部25名(緑のパートナー)
 共催:名東土木事務所3名・(公財)名古屋市みどりの協会4名

 猪高緑地にある竹林で、市民のみなさんと一緒に竹の間伐作業を行いました。薪炭採取や竹材利用を目的とした竹の伐採は行われなくなったことから猪高緑地でも竹林が目立つようになりました。竹は生長が早く、また隣接の樹林地に容易に侵入し、竹だけの林を形成していきます。放置すると急速に面積を拡大するため、竹林管理することが必要です。

 今回のイベントでは参加者のみなさんに、竹の切り方や竹の枝の払い方を体験していただきました。
image001_202011061349321b7.jpg
↑新型コロナウイルス対策として参加者全員に検温と消毒をお願いしました。

image003_20201106134934aff.jpg
↑今回は59名の方にお集まりいただきました。

image005_20201106134935191.jpg
↑伐竹作業の様子
 倒す方向を決めたら、地面の際から切っていきます。

image007_20201106134954eec.jpg
↑倒した竹を短く切り揃えています

image009_20201106134954f25.jpg
↑「掃い棒」を使って、竹の枝を落とす作業です。
 参加者のみなさんで協力しながら作業していました。

 参加した子どもたちからは「大きい竹を切れてうれしかったよ!」「また参加したいです!」など感想をいただきました。
 今回の竹刈りの体験を通して、里山保全の重要性や猪高緑地を管理していく上での大変さをご理解いただけたと思います。また、自然の中で体を動かす心地よさも感じられたのではないでしょうか。

(注意)このイベント以外で竹を切ったり、タケノコを掘ったりすることは禁止されています。

担当:名東土木事務所

森づくり講座in相生山緑地~オアシスの森で木こり体験~

 10月24日(土)に相生山緑地にて「森づくり講座」を行いました。

 名古屋市では、東部丘陵に残された民有の樹林地をお借りして、市民と行政が一緒になって樹林地を保全・活用していく「オアシスの森事業」を進めています。ここ相生山緑地はそんなオアシスの森の第一号です。

 今回は、相生山緑地を良好な雑木林に育てていくため、日頃から活動をしていらっしゃる「相生山緑地オアシスの森くらぶ」の方々を講師としてお迎えし、竹やヒノキの間伐を体験しました。

 受付、集合場所は相生山緑地の東側、相生口です。いかにも森の入口という雰囲気でわくわくしてきますね。受付をしている間も、森の散策をされる方が何名も通っていかれて人気の高さがうかがい知れます。

①入口

 当日はお天気もよく、朝は冷え込みましたがお昼に近づくにつれ暖かくなり、絶好の森づくり日和となりました。

 最初に講師の方から森づくりについて簡単に説明をしていただきます。どんどん成長してしまう竹や、密集して細く育っているヒノキを間伐し、森を明るくしようというのが本日の活動です。ヒノキを伐採できるのは、名古屋市内ではなかなか貴重な体験とのこと。

②説明

 挨拶と説明の後は、ノコギリや剪定ばさみをもって活動場所へ移動します。森の中には散策路がきちんと整備されており、森林浴を楽しめます。

③移動

 活動場所は向かって左側にヒノキ林、右側に竹林という様子。2班に分かれ、A班はヒノキの間伐に、B班は竹の間伐にまずは取り掛かります。
 樹木や竹の間伐は、大変危険な作業です。倒れてくる木に巻き込まれたり、落ちてくる枝に当たったりすると、大けがどころでは済まない可能性もあるため、十分に注意して作業を行います。

④全体

 ヒノキの間伐作業の様子です。
 まずは倒す方向の側に真横と斜め上から切り込みを入れ「受け口」を作ります。
 次に「受け口」の反対側から、「受け口」と平行で、ちょっと高い位置に「追い口」という水平の切り込みを入れます。

⑤受け口 ⑥追い口

 あらかじめ結んだロープをみんなで引っ張って倒します。ロープを他の木にかけて引っ張る方向を変えたり、充分な距離をとったりして、倒れる木に巻き込まれないようにします。

 ミキミキミキッ…ドシーン!と間近で見る伐倒の迫力に歓声があがります。

⑦引っ張る ⑧倒れた樹木

 倒した後は、枝を払って、3mほどの長さに切っておいておきます。
 みんなで切り倒したこの木はそのうちオアシスの森くらぶさんの手によってベンチに生まれ変わるかも・・・。

 こちらは竹の間伐作業の様子です。 ヒノキと違って中が空洞のため、ノコギリで簡単に切れます。

⑨竹の間伐

 倒れる方向を見極めて、切り込みを入れていきます。密集して生えているので、他の竹に引っかかり、なかなか倒れません。力を合わせて押したり引いたり引っ張ったり。大きな竹が倒れる瞬間もかなりの迫力。

⑩倒れた竹

 途中で作業を交替して、みんな真剣に楽しく活動ができました。
 参加者の方々も貴重な体験ができたのではないでしょうか。

⑪最後

 参加者の皆さま、相生山緑地オアシスの森くらぶのみなさま、ありがとうございました。

 今年度の「森づくり講座」は残り3回予定しております。日時、会場は以下のとおりです。

日 時会 場テーマ
1月30日(土)猪高緑地竹の炭焼き体験をしよう
2月21日(土)戸田川緑地なごや西の森づくりに参加しませんか?
3月7日(日)東山公園クロミノニシゴリ天然下種更新の林床づくり


 また12月1日から募集を開始します。各回20名で応募者多数の場合は抽選となります。講座の内容や応募方法など詳しくは、12月以降の広報なごやでお知らせを予定しておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用課
どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: