山崎川陸こう開閉訓練を実施しました。

 平成25年6月20日(木)に、大雨の時期に備えて、名鉄及び瑞穂・南両土木事務所により、山崎川陸こう開閉訓練を行いました。今回はその模様をお伝えします。

 山崎川には、大雨による増水や高潮に対する堤防高を確保するため、堤防道路に沿って、下の写真のような連続した障壁(パラペット)が設置されています。
パラペット001

 しかし、名鉄名古屋本線の橋梁部分では、線路がそのパラペットを貫通した形で橋梁が架けられています。
線路003


 そのため、河川の増水時には、堤内(市街地側)への越水を防ぐため、その貫通部分を閉鎖するゲート(陸こう)が両岸に設けられています。
 大雨などにより河川が増水した際、呼続水位観測所の水位に応じて警戒体制をとって、同観測所の水位が橋梁桁下に達した時点で、陸こうの閉門を行うことになっています。

 訓練は、列車のダイヤに影響を与えないように、最終列車通過した後(午前1時ごろです)に開始しました。当日は、大雨が降り注ぐ中、まさに本番さながらの状況で作業が始まりました。
陸こうの閉門005

 堀田駅~本笠寺駅間に列車が存在しない確認が行われた後、普段は線路横にしまってある陸こうを、名鉄の職員の手により、迅速に閉門させます。
陸こうの閉門007

 レバーを回すと徐々に陸こうが線路に向かって伸びていきます。
陸こうの閉門009


 陸こうの閉門が完了しました。陸こうの閉門は両岸それぞれ3人体制で行い、作業にかかる時間はおおよそ7~8分です。
陸こうの閉門011


 最後にゲートの隙間部分に土木事務所が土嚢(どのう:布袋の中に土砂を詰めた資材)を積み上げ浸水を防ぎます。今回は訓練のため一部のみに土嚢を積みましたが、実際には陸こう下の隙間部分すべてに土嚢を積み上げます。
土嚢を積み上げ013


 このように土木事務所では、名鉄と協力しながら、迅速な体制で陸こうの閉門を行い、山崎川の増水に備えています。実際に大雨で陸こうの閉門が行われる際には、列車の運行が停止されることになります。みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。


担当:瑞穂・南土木事務所


関連記事

テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。