防草シール貼り


みなさん、こんにちは!
今回は朝から道行く人々の注目を(ちょっとだけ)集めることをしました。
それは、「防草シール貼り」です。
東区内では以前から作業を進めていましたが、今回は東区の新出来交差点の北側の中央分離帯で作業を行いました。

それでは、順を追って作業をご紹介します!

①防草シールとは?
防草シールとは、その名の通り「草が生えてくるのを防ぐシール」です。
雑草が生えてきている中央分離帯を見たことはありませんか?
防草シールを貼ることで日光と水が遮断されて雑草の生育を妨げることができます。(下の写真は別の場所の中央分離帯です)
image001_20151015115849fc1.png


②施工箇所(防草シールを貼る箇所)の下地処理をします。
施工箇所の目地(コンクリートとブロックの間)を除草して、雑草を根から撤去し、隙間にモルタルを詰めていきます。
image002_20151015115747f41.jpg
 
 
③シールを貼る位置を決めます。
ロール状になっているシールを伸ばして、貼る場所をマークしていきます。
image012_201510151151145e4.jpgimage014.jpg


④シールを貼る箇所にプライマーを塗ります。
これを塗ることで施工箇所の表面に残っている砂等を固めて、施工箇所とシールとのくっつきをよくすることができます。
image016.jpgimage018.jpg 


⑤バーナーであぶりつつ防草シールを貼り付けます。
防草シールの裏面をバーナーであぶると溶けてきます。溶けた状態で施工箇所にシールを貼り付けていきます。
image020.jpgimage022_201510151155321d7.jpg


この作業、けっこう大変なんですよね。防草シールは重いわ、バーナーであぶられてつま先が熱いわ、腰が痛くなるわ、人目を(ちょっと)集めるわで。
でも、ここが踏ん張りどころです!補修班は黙々と作業を進めます。
image024_20151015115533bd5.jpg


⑥貼り付けた防草シールを踏んで施工箇所にしっかりとくっつけます。
ちょうどいいあぶり具合だと、防草シールを上から踏んだ際に溶けた裏面が少しはみ出します。このはみ出しによってシール横からの日光や水を遮断して雑草の生育を防ぐことができます。
image030.jpg


⑦完成!
半日の作業で約50mの防草シールの貼り付けができました。
作業を始めたばかりの頃よりもスピードアップしています。補修班は日々レベルアップしています!


担当:東土木事務所管理係

関連記事

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。