職業体験学習

 江川線整備事務所では、都市計画道路「船見町線」の工事を行っています。2月5日、この工事現場に中学生が「職業体験学習」にやってきました

 「職業体験学習」は、中学生が授業の一環としてお店や会社等、実際の「働く現場」で作業を体験・学習するもので、「船見町線」の工事をしている東海建設㈱が受け入れ、実施されました。
 この日は、船見町線の工事現場内で長さ60cmのコンクリートでできたブロックをまっすぐに並べる作業を体験しました。普段、何げなく歩く歩道も、よく見るといろいろなコンクリート製のブロックが使われています。歩道と車道を分けるブロックや、街路樹の周りを囲うブロックや、その他いろいろ。今回並べるのは、道路と宅地の境界に使うブロックです。境界に沿って並べないと道路の境界が狂ってしまうという、大事なブロックなのです。

作業の順番は…
1.ブロックを並べる位置を決める
2.ブロックを並べるために地面を掘る
3.ブロックがガタつかないように基礎を作る
4.ブロックを並べる
5.余分に堀った部分を埋める

…字だけじゃあ、よ~分からんでかんわ。

01.jpg
 まずは測量です。三脚の上に置かれた「レベル(水平が見える望遠鏡)」を使い、地面に立てた「スタッフ(大きな定規)」の目盛を読んで、高さを測ります。

02.jpg
 次に、基準となる「高さ」を空中に書き込むために、「丁張(ちょうはり)」をかけます。水準器を使って、水平に設置しなければなりません。
このあと、地面を掘ります。


03.jpg
 掘った後は凸凹するので、タンパを使ってしっかり転圧します。


04.jpg
 地面を掘って、高さを管理します。埋める前後で地面と丁張の高さを読み、「厚み」を管理します。


05.jpg
 ピンと張った糸に合わせてブロックを並べます。


06.jpg
 ブロック据え付け完了!


07.jpg
 この後、資格を持った人から指導を受けて、特別に油圧ショベルを動かしてみました。完全に囲われた工事現場内でしかできない、貴重な体験ができました。

 道路工事はたくさんの作業員さんと機械が活躍しています。街で道路工事を見かけたら、「どんな作業をしているのだろう?」と興味を持ってもらえると嬉しいです。


担当:江川線整備事務所



関連記事

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。