ゴミ袋を使った街路樹切株の萌芽対策の試行


緑区には、なんと約11,000本もの街路樹が植えられています。

木の種類を見ると、トウカエデ、エンジュ、サルスベリの順に多く、中でもエンジュは、市内全体の6割が緑区に植えられています。

ところが、エンジュの生育が悪く、近年、枯死や半枯れ状態のものが目立ってきました。これらは、倒木や枯枝の落下の危険があるので、状態が悪いものを発見し次第、地面から60cm程度の高さで伐採を進めています。

残った切株は、撤去の際に、根がまだしっかりしているので、歩道舗装や街渠を痛めてしまうこともあります。しばらく時間を置き、根が腐って抜きやすくなってから撤去をします。

しかし、時間を置いている間、半枯れ状態での切株はまだ生きているため、切株から萌芽(新しい芽を吹くこと)が発生します。切除しても次々に新しい芽が吹くので、視界の妨げや通行の支障になってしまいます。

萌芽した切株


そこで、ゴミ袋の登場です!
安価な黒色のゴミ袋で切株を覆い、太陽熱で新芽を蒸し焼きにできないかと試行を始めました。

ビフォア―↓↓↓
萌芽を取った後

スッキリさせてからの・・・



アフター↓↓↓
ゴミ袋試行後

夜でも見えるように、黄色テープを巻いてあります。
(ちょっと見た目は悪いですが・・・)


案内貼付

どうか効果がありますように・・・



今後、追跡調査を行い、効果が確認できれば、順次拡げていきたいと思います!


担当:緑土木事務所 維持第一係
関連記事

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。