若宮大通調節池社会見学


 みなさんは名古屋市の100m道路として有名な若宮大通の地下に、大きなため池があることをご存知ですか?

 このため池は、大雨が降った時に、雨水が新堀川へ一気に流れ込み、川が氾濫しないように、雨水を一時的に貯めておいて、新堀川に流れ込む雨水の量を減らすための施設です。若宮大通の地下にあり、川へ流れ込む雨水の量を調節する池なので、『若宮大通調節池』と呼ばれています。

若宮大通調節池断面模式図

<概要>
完成年度昭和61年度
延 長約316m
 幅約47~51m
高さ約10m
最大貯留量約10万m3



 先日、この若宮大通調節池に老松小学校の4年生27名が社会見学として、調節池の見学に来てくれました。
 まず始めに、若宮大通公園で子どもたちに調節池ができるまでの経緯・仕組みについて説明し、調節池がどのようにして大雨からみんなの生活を守っているのかを学んでもらいました。

若宮大通調節池社会見学1

 次に、調節池内の見学では、実際に調節池の中に入り、子どもたちにその大きさと構造を実感してもらいました。子どもたちは、実際に体感することで、より一層の興味を持ち、自然と「なぜ?どうなっているの?」と言った多くの質問をしてもらうことができました。

若宮大通調節池社会見学2 



 6月に入り、梅雨の季節となりますが、この若宮大通調節池は、大雨が降っても皆さんが安心して暮らせるように、これからも目に見えないところで、みなさんの生活を守っていきます。


担当:中土木事務所 維持第一係
関連記事

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。