街路樹と日本人

 
 桜の開花が待ち遠しい季節となりました。春は花を咲かせ、夏は緑陰を作り、秋は街を赤、黄金色に染め、季節の移ろいを告げてくれる街路樹は、ドライバーの視線を誘導するなど、景観面だけでなく、交通安全面でもなくてはならない存在になっていますが、古(いにし)えの時代から植えられていたことをご存じでしたか?
 今日は、意外と知られていない街路樹の歴史をお話ししましょう。

①街路樹の歴史 
◆満開時の守山区雨池緑道のソメイヨシノ並木


 話は、紀元前のエジプトに遡ります。その頃のエジプトでは、文字は物の形を抽象化したもの(象形文字)でした。その象形で表した道路は、道を表す2本の横線と木を表す縦線が並ぶものでした。古代エジプトの人は、道路には樹木がつきもの。緑陰があって人が歩ける道路と考えていたのでしょう。

②象形文字で表した道路
◆2本の横線は道を表し、
上下についている三角形は木を表し、
縦線は幹を表している。
並木道がすなわち道路だったようだ。



③道路の象形文字を連想させる桜通
◆まさに道を表す横線と縦線
(新緑時の桜通イチョウ並木)


 では日本はどうだったのでしょうか? 時は、奈良時代。街路樹に関する日本最古の政令である「官符」に、幹線道路の傍らには飢えをしのぐため果樹を植栽し、緑陰を確保するように通達した記録が残されています。
 余談ですが、ローマ軍がスペインに侵攻した際、食糧の確保のため、小麦とぶどうの種をまきながらスペインに向かった記録があるそうです。道を行く人にとって、緑陰と食料確保は、重要な問題だったんですね。
 江戸時代になると、街路樹はさらに重要な役割を果たすことになります。

 
④街路樹の歴史 浮世絵

◆歌川広重作 東海道五十三次「吉原」の図
(現在の静岡県富士市)


 上の画は、ご存じ歌川広重の東海道五十三次「吉原」の図です。江戸時代、一世を風靡した浮世絵は、今で言う雑誌やプロマイドのような役割を果たし、中でも風景画は、美人画と並び、人気を集めていたそうです。
 「吉原」の図は、富士山を眺めながら、松並木に守られるように西に向かうお侍の姿が描かれていますが、この「吉原」の図に限らず、東海道五十三次の中には、並木(街路樹)が、よく描かれています。
 それだけ並木(街路樹)が、街道にとってなくてはならない存在だったのでしょう。
 こうした浮世絵に見られる並木を整備したのは、何を隠そう、郷土の英雄、徳川家康。実は安土桃山時代、戦乱で荒廃した街道を織田信長も整備し、街道沿いに松を植えたという記録も残っているのですが、街道が整うのは、江戸時代に入ってのこと。家康は、東海道五十三次をはじめとする五街道を定め、松並木とともに、街道の両側に一里塚を設け、一里塚の上には、エノキを植え、松並木と区別しました。
 目的地までの旅人の視線誘導だけでなく、今でいう標識、高速道路のキロポストの役目を果たすようになっていったのです。

 どうです。街路樹にこんな歴史があったなんて驚きでしょう。そして現在、街路樹はその歴史に新たな役割を刻もうとしています。

⑤名古屋のクロマツ並木2
◆名古屋市中区にある松並木。
二の丸の交差点から名古屋城に向かってクロマツが並んでいる。

 それは、街路樹の葉が大気汚染を吸着して空気を浄化すること、また緑陰が周辺の気温上昇を抑え、ヒートアイランド現象の緩和に役立つことなどから、環境面での働きに注目されるようになったのです。
 特に2010年に愛知・名古屋で開催されたCOP10以降は、生物の移動経路(コリドー)として、街路樹に着目する人も増えてきました。

⑥一里塚に植えられたエノキ
◆一里塚に植えられていたエノキ。
コサギが枝で休息をしていました。



 道に緑陰を作ることから生まれ、時には食糧となり、長く街道の道しるべとしての役目を果たしてきた街路樹。その役割をたどっていくと、時代時代のニーズに、こたえてきたことがわかります。実はいい仕事をしてきているんです。

 観光地や公園に植えられた樹木と違い、なかなか日の目をみない街路樹ですが、その良さになかなか気がつかないのは、街を包み込む母親のような存在になっているからかもしれません。
 きっとこれからもあなたと、あなたの住む街の成長を見守り続けていくことでしょう。

◆◆◆◆◆ 街路樹ツイッターのお知らせ ◆◆◆◆◆
 
緑政土木局緑地維持課では、「街路樹にまつわる情報」を毎日ツイッターにて発信しています。こちらものぞいてくださいね!
https://twitter.com/nagoya_ryokuiji



担当:緑地維持課緑化係



関連記事

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。