森づくり講座in猪高緑地~竹の炭焼きを体験しよう~

 1月18日(土)に猪高緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろから猪高緑地で活動していただいている「名東自然倶楽部」の方々を講師としてお迎えし、竹の炭焼きを体験しました。

 まずは、森の集会所の中で名東自然倶楽部さんの活動概要や、炭焼きについての説明をしていただきました。
  1_202001221417111ef.jpg

 そのあとは緑地の中を散策しながら様々なことを教えていただきました。
 
 2_20200122141712679.jpg
 竹の伐採のデモンストレーションにみなさん興味津々です。
 
 3_20200122141712d9e.jpg 4_20200122141715323.jpg
 塚ノ杁池のほとりから北側に目を向けると、天気のいい日には御嶽山を望むことができるそうです。この日天気は良かったのですが、雲で御嶽山が隠れてしまっていました…。残念です。

 塚ノ杁池から炭焼き場のある北口広場へ向かう途中に、猪高緑地のシンボルツリーである「シダレザクラ」の木があります。
  5_20200122141716840.jpg
 3月末ごろには見頃を迎えますので、ぜひ猪高緑地へお出かけください。

 さて、お待たせしました。いよいよ炭焼き体験です。
  6_20200122141720e5e.jpg
 炭焼きには時間がかかります。講師の方々が事前に準備をしてくださり、出来上がった状態のものを取り出す窯だしのところからスタートしました。窯の中には真っ黒な竹炭がぎっしり詰まっていました。隙間なく竹を詰めることがポイントだそうです。
7_2020012214172069a.jpg 8_202001221417207a1.jpg

 その後は次の炭焼きに向けて竹を切るところから準備していきます。
 9_20200122141721a96.jpg

 窯に詰めるために規定のサイズに印を付けていきます。ノコギリで切っていきますが、ノコギリの使い分けについて説明していただきました。歯の細かさによって竹を切るのに適しているもの、木を切るのに適しているものがあるそうです。今回は一番左の歯の細かいノコギリを使用しました。ノコギリひとつとってもいろいろな使い分けがあるようですね。奥が深いです…。
 10_2020012214172325f.jpg

 講師の方々に教えていただきながら順番に竹を切っていきます。ノコギリはまっすぐ、引くときに力を入れるとスムーズに切れますよ。
11_202001221417254e0.jpg 12_20200122141726cfe.jpg

 次は切った竹をナタで割っていきます。半分に割って、そのまた半分、また半分…。8等分にしていきます。
13_20200122141728131.jpg
 ナタの使い方もしっかりと教えていただきました。安全第一ですね。
14_2020012214172961c.jpg 15_202001221417329e5.jpg

 最後に8等分した竹の節の部分をナタで切り落とします。窯に詰める際に節があると隙間ができてしまうので、この作業は重要です。
16_202001221417021ae.jpg

 割った竹は重ねて乾燥させてから窯に詰め、炭焼きを行います。すでに乾燥済みの竹を窯に詰めるため準備していきます。まずは写真のように縦に重ねていきます。
 17_20200122141703357.jpg

 ある程度詰まったら今度は隙間に竹を押し込んでいきます。
 18_2020012214170551c.jpg
 
 隙間をなくすことがポイントなので、ここも重要ですね。
 19.jpg

 それでは最後に、窯に詰めていきましょう。びっしりと詰まっていますね。重たいので力を合わせて窯に押し込みます。
 20.jpg 21.jpg
 あとは上と左右にできている隙間に竹を詰め込めば完了です。お疲れ様でした。

 冬晴れの心地よい日差しの中、幅広い世代の方に参加いただき、炭焼きを体験していただくことができました。参加者のみなさま、名東自然倶楽部のみなさま、ありがとうございました。


 また、今年度「森づくり講座」をあと1回予定しております。
 22.jpg
 
◆赤松林再生プロジェクトin相生山緑地
  2月22日(土)10時~12時
  対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
  締切:2月10日(月)消印有効
 
 ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。(詳細は「森づくり講座 電子申請」で検索)

 担当:緑地利活用室

森づくり講座in小幡緑地~マメナシをまるごと知ろう~

 11月24日(日)に小幡緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろから小幡緑地などで活動していただいている「愛知守山自然の会」の方々を講師としてお迎えし、保全活動などの体験をしました。

 ところで、みなさんは「マメナシ」をご存じですか?

 ご存じない方も多くいらっしゃると思います。
 そのような方にも「マメナシ」を知っていただくために、講座の冒頭には「マメナシ」について丁寧にレクチャーしていただきました。

 春には白い可憐な花を咲かせ、秋には1cmくらいのナシにそっくりな小さな実をつける木です。日本国内では愛知、岐阜、三重の限られた場所にのみ生育しており、「絶滅危惧植物」に指定されています。小幡緑地は園路沿いでマメナシを観察することができ、貴重な生育地となっています。講師の愛知守山自然の会のみなさまには、この貴重な生育地の保全・保護にご尽力いただいております。
       1_2019112810472837f.jpg

 その後は、マメナシの生育地を実際に観察してまわりました。まずは「シンボルツリーのマメナシ」です。守山スポーツセンターとの境にある立派な木です。
       2_201911281047290ba.jpg

 近くにはこの木になった実の種から成長したと思われる小さな実生が何本かありました。草刈の際などに誤って刈ってしまわないように、発見したら支柱などで囲み、保護しているようです。
       3_20191128104733218.jpg

 道中いろいろなところで成木や幼木の「マメナシ」を観察することができました。
       4_20191128104722e54.jpg

       5_20191128104724b21.jpg

 緑ヶ池池畔に着いたら、いよいよ実際に保全活動を体験します。「マメナシ」のまわりに生えてきた雑草などを鎌で刈っていきます。鎌の正しい安全な使い方を教えていただき、「マメナシ」を巻き込まないように丁寧に刈っていきました。とても根気のいる作業ですが、これも「マメナシ」を守り育てていくための大切な作業です。
       6_20191128104725d57.jpg

 快適な気候の中、秋も深まり色とりどりに色づいた木々や池を泳ぐ鳥たちに癒されながら、保全活動の体験を行うことができました。

 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった愛知守山自然の会のみなさま、ありがとうございました。

 今回は11月開催ということで、「マメナシ」の実を実際に観察することができました。4月の桜の時期の少しあとが「マメナシ」の花がきれいなタイミングだそうです。来年の4月にみなさん「マメナシ」の花を見にお出かけしてみませんか?4月11日(土)には今回の講師を務めていただいた愛知守山自然の会の自然観察会も開催されますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

また、今年度「森づくり講座」をあと2回予定しております。
◆竹の炭焼きを体験しようin猪高緑地
 1月18日(土)10時~12時半
 対象:小学4年生以上 (小学生は保護者同伴)
 1月6日(月)締切(消印有効)

◆赤松林再生プロジェクトin相生山緑地
 2月22日(土)10時~12時
 対象:小学生以上 (小学3年生以下は保護者同伴)
 2月10日(月)締切(消印有効)

        7_20191128104726f26.jpg
ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。(詳細は「森づくり講座 電子申請」で検索)

担当:緑地利活用室

森づくり講座in大高緑地~竹を切って調べてみよう~

 7月28日(日)に大高緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 台風6号の影響により翌日に順延となったにもかかわらず、たくさんの方にご参加いただきました。
 台風一過の快晴の下、日ごろから大高緑地など市内のいろいろな公園で活動していただいている「花水緑の会」の方々を講師としてお迎えし、保全活動などの体験をしていきます。

  ①竹クイズ
 まずは竹のことを知ってもらうための「竹クイズ」。ふだん何気なく目にしている竹や、おいしくいただいている筍についての新発見がいろいろありました。

 その後は班ごとに分かれ竹林へ移動し、いよいよ保全活動体験です。
  ②移動


 講師の方々のアドバイスや支援で、ノコギリを使用した「竹の伐採体験」を行いました。

  ③伐採
  ④m伐採
  ⑤
 竹を切り倒した後はメジャーなどを使って、竹の長さ、厚み、節の数や枝の状態などを協力して調べました。

  ⑥枝払い
 調べた後は「枝払い」を行います。竹の枝を1本ずつはずして、竹稈(ちくかん/茎の部分)だけの状態にします。

  ⑦竹クラフト
 後半はこの竹稈を使って「竹クラフト」を行いました。コップ、箸、貯金箱や輪投げなど、講師の方々と一緒にそれぞれ好きなものを作っていきます。中にはご家族で流しそうめんをされるとのことで、流しそうめん用に竹を割っている参加者の方もいらっしゃいました。

  ⑧竹クラフト
  ⑨竹クラフト
 木陰とはいえ、最高気温が34.4℃のとても暑い中行われた森づくり講座でしたが、けがもなく、全員が笑顔で帰宅の途につくことができました。

 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった花水緑の会のみなさま、ありがとうございました。

 また、今年度「森づくり講座」をあと3回予定しております。内容、会場は以下のとおりです。
  ⑩講座一覧表

 10月1日から募集を開始します。各回20名で応募多数の場合抽選となります。応募方法など詳しくは、10月以降の広報なごやでお知らせを予定しております。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用室

「なごやの森づくりパートナーシップ連絡会」のリーフレット、まもなく完成!

市内の公園・緑地で自然環境の保全や再生などの活動をしている団体のネットワーク「なごやの森づくりパートナーシップ連絡会」。まもなく、加盟団体を紹介する最新版のリーフレットが出来上がります!

リーフレット:29の団体情報がぎっしり!
(リーフレット:29の団体情報がぎっしり!)
残念ながら、クリックしても大きくなりません。

A3版の6つ折り。持ち運びにも便利です
(A3版の6つ折り。持ち運びにも便利です)
 
完成次第、加盟団体をはじめ各区の土木事務所や緑の施設などに配布していきますので、4月には実物をみなさまにご覧いただける予定です。

また、毎月第2金曜日の打合せ会場「名古屋市緑化センター」(鶴舞公園内)には、1階に連絡会の情報展示コーナーが設けられています。リーフレットはもちろん、加盟団体情報や、それぞれの団体がそれぞれに主催・共催する、いろいろな活動のチラシが置いてあります。ぜひ、お立ち寄りください。あなたの知らなかった名古屋のみどりを知る「はじめの一歩」に、ここで出会えるかもしれません。
 
鶴舞公園内緑化センター1階の情報展示コーナー
(鶴舞公園内緑化センター1階の情報展示コーナー)
 
連絡会の加盟団体情報がこれだけそろっている専用の情報展示コーナーは、ここにしかありません。より多くの方々に、この取組や市内のみどりの状況を知って、そして関わっていただけることを期待して、今後は、出張展示(!?)なども実現できればと思います。
いつかどこかで見かけたら「みんなでやろまい!なごやの森づくり」、よろしくお願いします。そして加盟団体の皆さま、どしどし情報をお寄せください!

<参考>
※加盟団体ごとの情報は、「公益財団法人名古屋市みどりの協会」のホームページでご覧いただけます。トップページの活動情報、「森づくり・花づくりパートナーシップ」からお入りください。ここから団体独自のHPにもリンクしています。
http://www.nga.or.jp/partnership.html


担当:緑地部緑地維持課 運営係

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

みんなでやろまい! なごやの森づくり

市内の公園・緑地で自然環境の保全や再生などの活動をしている市民団体と市が、緩やかなネットワークでつながっている、・・・それが「なごやの森づくりパートナーシップ連絡会」です。設立からまもなく10年になります。

連絡会では、加盟団体それぞれの自主性と、行政の公益性とを互いに尊重しながら、「身近な自然を守り育てる」という共通の思いをもって、協働でみどりのまちづくり活動に取り組んでいます。
連絡会では、定例会や団体間のフィールド訪問やスキルアップ研修会、関係行政機関とのパートナーシップ事業などをとおして、情報交流を行い、活動の活性化、仲間づくりを進めています。

定例会は偶数月、幹事会が奇数月に開かれています。

2月の定例会の様子。鶴舞公園内緑化センター講習室にて
2月の定例会の様子。鶴舞公園内緑化センター講習室にて



また、スキルアップ研修会は、テーマや講師、時期などを定例会・幹事会で協議し、年1回開催しています。

今年度は、去る2月16日、「地質から見た名古屋の水辺の生い立ち」と題して、日本地質学会会員・日本古生物学会会員の村松憲一氏を講師にお招きし、水辺を中心とした名古屋の地質とその生い立ちなどについて学びました。約40名の出席があり、講義の後には活発な質疑応答が行われました。


スキルアップ研修会の様子。名城公園フラワープラザ講習室にて
スキルアップ研修会の様子。名城公園フラワープラザ講習室にて



<参考>

※加盟団体ごとの情報は、「公益財団法人名古屋市みどりの協会」のホームページでご覧いただけます。トップページの活動情報、「森づくり・花づくりパートナーシップ」からお入りください。
http://www.nga.or.jp/partnership.html


担当: 緑地維持課 運営係

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。