森づくり体験会in八竜緑地~八竜湿地のお手入れ~

 6月25日(土)に守山区八竜緑地で「森づくり体験会」を行いました。
 日ごろから八竜緑地で活動している「水源の森と八竜湿地を守る会」の方々を講師としてお迎えし、日頃の活動を体験しました。
 1_無害化済

 2_無害化済

 少し前まで雨予報だったのが嘘のように、当日は晴れて暑くなりました。
 作業前に緑地内を歩き、講師の方から説明を受けます。普段は入れない湿地の中にも入り、貴重な植物のお話を伺いました。

 3_無害化済
 マメナシの実

 4_無害化済
 クロミノニシゴリの実

 5_無害化済
 トウカイコモウセンゴケ

 これらは東海丘陵要素植物と呼ばれ、日本の東海地方にのみ分布する植物です。他にもシデコブシ、シラタマホシクサ、ウンヌケ等を見ることができます。

 この八竜湿地は環境省の「日本の重要湿地500」にも選出されており、生物多様性の観点から重要度の高い湿地として位置づけられています。

 6_無害化済
 上段から下段の湿地を見下ろした様子

 湧水湿地は数十年から数百年で遷移がすすみ、やがてもとの環境に戻っていきますが、その間に新たに崩壊の発生や周辺で新たな湿地が形成され、埋土種子(土の中で眠っている植物の種)や植物が移動することで長い期間に継続して残ってきました。

 しかし、現在では湿地周辺は開発され、丘陵地は荒廃しないように整備されています。そのため新たな湿地の出現は見込めず、今ある湿地は貴重なもので、維持していくためには人の手を入れ保全していく必要があります。

 7_無害化済

 緑地内を観察した後は、樹木の間伐を行いました。

 里山が放置されて森林化が進み、草地や疎林という環境が無くなっていき、湿原の中に木が侵出して森林化すると、湿地を維持できなくなります。今回は常緑樹を中心に1時間程度、間伐作業を行いました。

 8_無害化済

 非常に暑く作業は大変でしたが、時間が過ぎるのはあっという間。終了後に学習広場に移動して、活動の振り返りを行いました。
 「湿地植物に興味が持てたので、次は観察会に参加したいと思います」「木を切るのは思ったより難しかった」「湿地を守るために、森の木もあわせて管理していくことが分かった」といった声がありました。

 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった水源の森と八竜湿地を守る会のみなさま、ありがとうございました。

 今年度は「森づくり体験会」をあと3回予定しています。
 体験会の内容や応募方法などは、広報なごやでお知らせする予定です。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

 担当:緑地利活用課

森づくり体験会in平和公園~ツツジ咲く森づくり~

 5月7日(土)に平和公園で「森づくり体験会」を行いました。
 日ごろから東山の森で活動している「なごや東山の森づくりの会」の方々を講師としてお迎えし、ツツジ咲く森づくりのための活動を体験しました。場所は平和公園(くらしの森)で、里山の家の北側にある森の中です。

 テーマはツツジですが、ツツジといっても様々な種類があります。
今回活動する場所では、ヤマツツジやコバノミツバツツジといったツツジが地面に眠っていた種から少しずつ育っていますが、残念ながら今年の開花はすでに終わってしまっています。
 活動場所から少し外れた園路沿いではモチツツジが見ごろを迎えており、活動前にそちらをまず観察にいきました。

 1_無害化済

 2_無害化済

 触ってみると分かりますが、モチツツジという名前のとおりモチのように粘着性のある葉を持っています。

 「今ではこの辺りの森の木もすっかり大きくなったけれど、昔はもっと小さくて、その頃は山一面にツツジが咲く様子が見られたんだよ。今日はそういった明るい森をつくるための活動をするんだよ。」
というお話をお聞きしました。

 その後移動して、活動前にまず講師の方から説明を受けます。
 人の手が入ることによって作り出される里山。このくらしの森では畑や水田もあり、かつての里山の風景が再現されています。
 里山では薪等のために定期的に間伐され、それにより花が咲く樹木も育つ明るい森が作られます。そういった里山の森を目指し、今回の活動を行います。

 3_無害化済

 明るい森をつくるために間伐を行いますが、その前にまず大きな木の下で新たに生えてきたツツジを守るため、目印の杭打ちを行いました。活動中に踏んだりしないようにしないといけません。

 4_無害化済

 5_無害化済

 続いて、このツツジが育ち、きれいな花を咲かせてくれるよう、周りの木を間伐したり、新たなツツジの種が芽を出せるよう、たくさん積もった落ち葉をかく作業を行いました。

 6_無害化済

 7_無害化済

 作業は後片付けも大切。切った木やかいた落ち葉は、まとめて集めました。
みなさまの頑張りもあり、こんなにたくさん。作業をする前と比べて、森の中がだいぶ明るくなりました。

 8_無害化済

 また、既に大きくなりつつあるツツジの計測も行いました。
 継続的に観察することで、樹木の成長を確認することができます。

 9_無害化済

 最後に道具の片付けを行い、活動の振り返りを行いました。
 「木を切るのは大変だったけど、光が入るのは清々しかった!」といった声や、「コバノミツバツツジ名前覚えたよ!」との子どもたちの声も。
 今回の活動のおかげで、来年はさらに大きくなったツツジをたくさん見ることできると良いと思います。ぜひツツジが咲く4月にまた見に来てくださいね。

 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださったなごや東山の森づくりの会のみなさま、ありがとうございました。

 今年度は「森づくり体験会」をあと4回予定しています。
 体験会の内容や応募方法などは、広報なごやでお知らせする予定です。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用課

森づくり体験会in小幡緑地~マメナシの保全~

 4月23日(土)に小幡緑地で「森づくり体験会」を行いました。
 日ごろから小幡緑地の自然を保全するために活動している「愛知守山自然の会」の方々を講師としてお迎えし、マメナシの生育地を巡って実生(生えたばかりの芽)探しを体験しました。

 マメナシは春に白い可憐な花を咲かせ、秋には1cmくらいのナシにそっくりな小さな実をつける木です。日本国内では愛知、岐阜、三重の限られた場所にのみ生育しており、絶滅危惧種に指定されています。小幡緑地は園路沿いでマメナシを観察することができ、名古屋市の中で特に重要なマメナシの生育地となっています。
 ①説明_無害化済
 
 最初に講師の方よりマメナシの説明を受けた後、名古屋市内で一番大きいと言われるシンボルツリーのマメナシの周りで実生を探しました。
 ②シンボルツリー全景_無害化済

 ③実生探し_無害化済

 シンボルツリーの幹回りを測ると昨年から1cmほど大きくなっており、この大きさの木でも少しずつですが、年々成長しているそうです。
 ④幹回り測定_無害化済

 その後も園内を移動し、各所でマメナシの実生探し。
 マメナシの実生は茎が赤く、葉先が三又に分かれているのが特徴。
 それでもやはり他にも似たような芽生えが生えている地面の上でマメナシの実生だけを探し出すのは難しく、みなさま悪戦苦闘。。。
 ⑤実生写真_無害化済

 実生を見つけたらピンを立てて、今後の保全に活かします。

 マメナシの花はほとんど終わっていました。見ごろはサクラが咲いた少し後の時期です。花はサクラに似ていますが、めしべの数や花のつき方が違うそうです。
 ⑥花写真_無害化済

 竜巻池に移動。湿地の周りを好むマメナシなので、竜巻池の周りは比較的多くの実生が見られました。
 ⑦竜巻池全景_無害化済

 ⑧ロープ囲い_無害化済

 ⑨実生探し_無害化済

 小さな実生が何本かあることもあり、草刈の際などに誤って刈ってしまわないように、ロープなどで囲み、見つけた年ごとにピンの色を分けて保護しています。年ごとの成長を把握し、今の成木が寿命を迎えた後の後継木となる幼木を守り育てるための大切な作業です。
 ⑩最後_無害化済

 最後のスポットでの実生探しが終了。
 実生を見つけられた方もそうでない方もいらっしゃいましたが、みなさま全力で探していただき、最後にはおのずと達成感が得られたとの声も。
ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった愛知守山自然の会のみなさま、ありがとうございました。

 今年度は「森づくり体験会」をあと5回予定しています。
 体験会の内容や応募方法などは、広報なごやでお知らせする予定です。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用課

森づくり体験会in猪高緑地~竹の炭焼き体験をしよう!~

 1月29日(土)に猪高緑地にて「森づくり体験会」を行いました。
日ごろから猪高緑地で活動していただいている「名東自然倶楽部」の方々を講師としてお迎えし、竹の炭焼き体験をしました。

 当日は気温の低い朝でしたが、空気は澄んで、耳をすませば鳥のさえずりが聞こえます。街中にありながら、一歩踏み入れればそこは里山です。
 1_無害化済
 まずは、名東自然倶楽部の会長さんが、猪高緑地や里山の保全活動、炭の効用などについて、レクチャーされました。ここ数十年で猪高緑地の竹林は年々広がっています。竹林が広がると、背の低いほかの樹木を追いやってしまい、森が本来もっている土砂災害防止の働きや生物多様性が低下してしまいます。その抑制のために名東自然倶楽部さんが年間数千本を伐採して下さっています。
 2_無害化済
 その後、会員の方のガイドのもと、猪高緑地の森の中を散策しながら、炭火場に向かいました。
 3_無害化済
 その道中、塚ノ杁池の高台からパノラマの景色を皆さんと眺めました(日によっては御嶽山まで見えるのだそうです)。
 4_無害化済
 5_無害化済
 その他にも、立派なシダレサクラや柿の木をご紹介いただき、里山らしい風景を楽しみました。
 6_無害化済
 散策路を進んでいきます。
 7_無害化済
 しばらく歩くと、炭焼き場に到着です。はじめに、炭焼き窯で竹が炭になるまでの説明を受けます。パネルを使って丁寧に説明していただきました。
 8_無害化済 
 説明の後は、いよいよ竹を切る体験です。竹を炭火焼用の大きさに整えていきます。炭火焼用の竹には肉厚な外来の孟宗竹(モウソウチク)を使います。
 まず、ノコギリを使って、一本の竹を一定の長さに切ります。会員の方からノコギリの使い方をお聞きし、引くときにまっすぐ力を入れて切ることを意識しました。子どもたちも竹切体験に興味津々です。
 9_無害化済 
 次に、一定の長さに切った竹を縦にして、ナタを使い、割っていきます。ナタはとても危険な道具の一つです。使い方をしっかり聞いて、慎重に作業をすすめていきます。
 10_無害化済  
 2グループに分かれて、名東自然倶楽部の会員の皆さまにもサポートしてもらいながら、約30分の間、竹切体験をしていただきました。
 12_無害化済
 その後、事前に炭焼きしていた炭を炭焼き窯から取り出していきます。
 大人も子どもも珍しそうに炭焼き窯の中を覗き込んでいました。
 12-2_無害化済 
 13_無害化済
 炭と炭が当たると「キーン」といった特有の高い音が鳴ります。
 炭には、おなじみの消臭効果や湿度調整機能から、土壌改良まで様々な効用が期待できます。とくに竹炭の表面には小さな穴がたくさん空いており、木炭に比べて早く燃えつきてしまう反面、消臭や湿度の調整、水質浄化に向いているそうです。

 とても寒い日でしたが、幅広い世代の方にご参加いただき、炭焼きなど森づくり活動の体験をしていただくことができました。参加者の皆さま、名東自然倶楽部の皆さま、ありがとうございました。

 今年度の「森づくり体験会」の募集は終了いたしましたが、来年度もいろいろな体験会の開催を予定しております。
 また広報なごや等でお知らせさせていただきますので、楽しみにお待ちください。皆さまの森づくり活動へのご参加、お待ちしております。

 担当:緑地利活用課

森づくり体験会in小幡緑地

 12月4日(土)に、日頃から小幡緑地で森づくり活動をしていらっしゃる「愛知守山自然の会」の方々を講師としてお迎えし、「森づくり体験会」を開催しました。

 ところで、みなさんは「マメナシ」をご存じですか?
 IMG_20211204_110947.png
 ご存じない方も多くいらっしゃると思います。
 そのような方にも「マメナシ」を知っていただくために、体験会では「マメナシ」について丁寧にレクチャーしていただきました。
 IMG_20211204_102259.png
 春には白い可憐な花を咲かせ、秋には1cmくらいのナシにそっくりな小さな実をつける木です。日本国内では愛知、岐阜、三重の限られた場所にのみ生育しており、「絶滅危惧植物」に指定されています。小幡緑地は園路沿いでマメナシを観察することができ、貴重な生育地となっています。講師の愛知守山自然の会のみなさまには、この貴重な生育地の保全・保護にご尽力いただいております。

 保全作業の前に、マメナシの生育地を実際に観察してまわりました。まずは「シンボルツリーのマメナシ」です。守山スポーツセンターとの境にある立派な木です。
 IMG_20211204_101013.png

 道中いろいろなところで成木や幼木の「マメナシ」を観察することができました。
 IMG_20211204_101329.png

 IMG_20211204_103325.png
 木の周囲には小さな実生が何本かあることもあり、草刈の際などに誤って刈ってしまわないように、発見したら支柱などで囲み、保護しています。
 IMG_20211204_104249.png

 緑ヶ池池畔に着き、いよいよ実際に保全活動の体験です。「マメナシ」のまわりに生えてきた雑草などを鎌で刈っていきます。鎌の正しい安全な使い方を教えていただき、「マメナシ」を巻き込まないように丁寧に刈っていきました。とても根気のいる作業ですが、これも「マメナシ」を守り育てていくための大切な作業です。

 IMG_20211204_110812.png
 before マメナシの周りにはたくさんの雑草が

 IMG_20211204_111625.png
 after すっかりきれいになりました

 色とりどりに色づいた木々や池を泳ぐ鳥たちに癒されながら、保全活動の体験を行うことができました。
 IMG_20211204_105038.png
 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった愛知守山自然の会のみなさま、ありがとうございました。

 今回は12月開催ということで、「マメナシ」の実を実際に観察することができましたが、4月、桜の咲いた少しあとには「マメナシ」の花がきれいに咲くそうです。来年の4月には小幡緑地に「マメナシ」の花を見にお出かけしてみませんか?

 参加者の皆さま、愛知守山自然の会のみなさま、ありがとうございました。

 今年度最終回の「森づくり体験会」は1月29日(土)、猪高緑地で行います。
 定員20名で応募者多数の場合は抽選となります。内容や応募方法など詳しくは、広報なごや1月号でお知らせを予定しておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募をお待ちしております。

 担当:緑地利活用課

森づくり体験会in相生山緑地

 名古屋市では、東部丘陵に残された民有の樹林地をお借りして、市民と行政が一緒になって樹林地を保全・活用していく「オアシスの森事業」を進めています。相生山緑地はそんなオアシスの森の第一号です。

 9月24日(土)に、日頃から相生山緑地を良好な雑木林に育てていくために活動をしていらっしゃる「相生山緑地オアシスの森くらぶ」の方々を講師としてお迎えし、「森づくり体験会」を開催しました。

 最初に講師の方から森づくりについてお聞きしました。成長・拡大を続ける竹林や、密集して細く育っているヒノキを間伐し、森を明るくしようというのが本日の活動です。

 活動場所はヒノキ林、竹林に分かれています。参加者は2班に分かれ、それぞれヒノキの間伐、竹の間伐にまずは取り掛かります。
 倒れてくる木に巻き込まれたり、落ちてくる枝に当たったりしないよう、ヘルメットをかぶり十分に注意して作業を行います。

 1_IMG_20210925_111203.png

 ヒノキの間伐作業の様子です。写真ではとても大木には見えませんが、なかなか切り進めることができません。

 2_IMG_20210925_103229.png

 切り進んだらあらかじめ結んだロープをみんなで引っ張って倒します。ロープを他の木にかけて引っ張る方向を工夫し、充分な距離をとったりして倒れる木に巻き込まれないようにします。

 3_IMG_20210925_112102.png

 年輪を見るとこのヒノキは30歳ほどのようです。
 5_IMG_20210925_112416.png
 倒した後は、枝を払って皮むきです。皮をむいたヒノキはつるつるでとてもいい香りです。
 4_IMG_20210925_113633.png

 もう1班は竹の間伐作業です。ノコギリのひき方の説明を聞きます。ヒノキと違って中が空洞のため、ノコギリで簡単に切れます。

 6_IMG_20210925_102553.png

 倒す方向を見極めて、切っていきます。
 特に太い竹は中が空洞でも重たく、倒すのに一苦労です。他の竹にひっかかっても、力を合わせて押したり引いたり引っ張ったり。太い竹が倒れる瞬間もかなりの迫力です。

 途中で2班の作業を交替して、みんな一生懸命楽しく活動ができました。
 7_IMG_20210925_102142.png

 参加者の皆さま、相生山緑地オアシスの森くらぶのみなさま、ありがとうございました。

 今年度の「森づくり体験会」は12月4日(土)、小幡緑地の回が最終回です。
 定員20名で応募者多数の場合は抽選となります。内容や応募方法など詳しくは、広報なごや11月号でお知らせを予定しておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募をお待ちしております。

 担当:緑地利活用課

森づくり体験会inなごや東山の森~初夏の竹刈りは楽チン!~

 7月10日(土)に平和公園くらしの森で「森づくり体験会」を行いました。
 日ごろからなごや東山の森(東山公園、平和公園)で活動していただいている「なごや東山の森づくりの会」のみなさまを講師としてお迎えし、竹の間伐作業を体験しました。

 講師の挨拶後、竹用のこぎりを持ちさっそく竹林へ移動です。前日降った雨で園路の一部が水浸しで、「長靴隊」と「スニーカー隊」に分かれ、それぞれに適したルートを進みます。
 このエリアにはなんと18種もの竹が生育しており、途中竹の観察をしながら作業場所に向かいました。

 これは「シホウチク」を観察しているようす。その名が表すように稈(かん)の断面が四角形の竹です。また、稈の表面は軍手が引っかかるほどざらついており、参加者のみなさまのこれまでの竹のイメージとは少し違うものだったかと思われます。
 1_202107251226181bf.png

 竹林の間伐をする場所に着き、紙芝居「竹のふしぎ」を見ました。
 竹の成長はとても速いこと、成長が速いため他の樹木を押しのけてでもどんどん拡大してしまうこと。また、手入れができないと竹林の中が真っ暗になって、他の生き物や人も訪れない場所になってしまうこと、などを聞きました。
 2_2021072512262038c.png

 その後、作業の説明を受けて、3つの班に分かれ、密集してしまった竹の間伐作業を行いました。体験会では細い竹や倒れている竹を中心に間伐することになりました。
 3_20210725122733b51.png

 子どもたちも初めてののこぎりにとまどいながらも、伐採、長さ4mに玉切り、枝払い、それから、集積場所へずるずるとひきずりながら運搬の作業をしました。
 4_202107251227322ec.png
 5_202107251227353fb.png

 作業後の竹林はちょっとだけ、すっきりした気がしました。

 体験会のサブタイトルは「初夏の竹刈りは楽チン!」でしたが、この日はとても蒸し暑く、参加者のみなさまの「楽チン」のイメージとはほど遠い作業だったかもしれません。
 しかし、細く柔らかい若竹の伐採は、竹林の間伐作業のなかでは、「楽チン」なものです。また生育旺盛なこの時期の竹の間伐をするのは竹を駆除するという目的達成のためには効果的です。
 間伐作業を継続的に行っているなごや東山の森づくりの会のみなさまのふだんの竹林との闘いにお礼の拍手をして、体験会を終えました。
 
 参加者のみなさま、なごや東山の森づくりの会のみなさま、ありがとうございました。

 今年度は「森づくり体験会」をあと3回予定しております。
 体験会の内容や応募方法などは、広報なごやでお知らせを予定しております。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

 担当:緑地利活用課

森づくり体験会inなごや東山の森~ツツジ咲く森づくり~

 6月12日(土)に平和公園くらしの森で「森づくり体験会」を行いました。
日ごろからなごや東山の森(東山公園、平和公園)で活動していただいている「なごや東山の森づくりの会」の方々を講師としてお迎えし、森の観察と樹木の間伐を体験しました。

 講師の方が挨拶をした後、のこぎりや剪定ばさみを持ち森へ移動です。道路のすぐそばの森ですが、一歩入ると雰囲気はがらりと変わります。今回の体験場所は平和公園にある里山の家北側の森です。

 まずは、森の観察です。この森が「何階建て」かを調べました。森には高木層・亜高木層・低木層・草本層の4つの階層があり、健全な里山林は、空が見えるような明るい「4階建て」です。

 1この森は何階建て

 森に人の手が入らなくなると、木々が密集し暗くなり、階層も少なくなります。ツツジがつぼみをつけるには明るさが必要です。少しずつ伐採し森を明るくすることで、ツツジがいっぱい咲く明るい里山林をめざします。

 大人数でかたまらないように、観察や作業は班ごとに分かれて行います。さらに森の奥、各班の体験場所に移動します。ちょっとおっかなびっくりの子どもたち。

 2間伐を行う場所に移動

 初めに、ツツジの種類の見分け方を教えていただきました。花が終わったこの時期でも、葉の付き方や、手触りなどでツツジの種類を見分けることができます。写真は葉が少しべたべたするモチツツジです。他に、ヤマツツジ、コバノミツバツツジが見られます。
 
 3ツツジの種類

 ココカラは、樹木の間伐体験の様子です。
 大人の班は斜面の上の方でどんどん作業を進めます。
 
 5間伐大人チーム

 小学生の子どもたちは、初めてののこぎりに戸惑いながらも一生懸命作業しています。
 4間伐
 4間伐_2

 落ち葉かきもしっかりと。
 落ち葉が積もっていると、ツツジが発芽することができません。
 6落ち葉かき

 ツツジの種子も見せてもらいました。
 「空が見えるような明るいところでは種子ができているね。」
 8ツツジの種子

 作業後は、継続調査をできるよう班ごとにツツジの木を1本選び、高さや枝張りを計測しました。
 
 7毎木調査
 
 ツツジが咲くのは4月頃です。今回の作業で、来年はツツジの花がいつもより多く見られるようになるといいですね。
 参加者のみなさま、なごや東山の森づくりの会のみなさま、ありがとうございました。

 今年度は「森づくり体験会」をあと4回予定しております。
 体験会の内容や応募方法などは、広報なごやでお知らせを予定しております。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

 担当:緑地利活用課
どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: