森づくり講座in戸田川緑地~なごや西の森づくりに参加しませんか?~

 2月21日(日)に戸田川緑地にて「森づくり講座」を行いました。

 本市西部に位置する戸田川緑地では、市民、企業、行政のパートナーシップのもと、次世代に伝える豊かな森を育てています。この「なごや西の森づくり」では平成12年度から植樹を開始し、令和2年度までの20年間で6万本以上の苗木が延べ2万人以上の人々によって植えられました。植えた苗木が大きく育ち、今では立派な森が形成されています。たくさんの人たちのおかげで形となった森なんですね。

 もちろん、木を植えただけでは良好な森となりません。今回は「なごや西の森」を育てていくために日頃から間伐等の育樹活動をしていらっしゃる「戸田川みどりの夢くらぶ」の方々を講師としてお迎えし、普段の活動を体験させていただきながら森づくりを学びます。

 受付、集合場所は戸田川緑地中央地区右岸にある、なごや西の森づくりの拠点ボランティアハウスです。よく晴れた気持ちのよい日で、絶好の森づくり日和です。
1_20210308102405707.jpg

 まずはボランティアハウスの中で、どのような活動をしているのか、活動への想いもあわせてお聞きします。今回の作業は間伐の体験がメインですが、ツル切り、下草刈り、落ち葉かき、樹木調査・・・、森づくりはやることがいっぱいです。
 伐木の仕方を、実際の木につけた「受け口」も見ながら学びます。
2_20210308102404dcc.jpg

 (「受け口」と「追い口」は、森づくり講座のブログをご覧の方はご存知ですよね。え、知らない…という方は下記の記事へジャンプ!)

 「森づくり講座in相生山緑地~オアシスの森で木こり体験~

 座学が終わったら、ヘルメットをかぶり、腰に道具ベルトを巻いて、森の中へ。20年前の森づくり開始当初に植樹した区域を通りながら、ケヤキ、カシノキ、シイ、アベマキ、コナラ、サクラ・・・と、実際の樹木を見たり触れたり、樹種ごとにお話しを聞きます。「この樹皮はコルクの代わりに使われていたんだよ」、「この木は匂いが特徴的なんだ」などなど、ブログに書ききれないぐらいいっぱい教えていただきました。
3_20210308102404f23.jpg

 さて、間伐するエリアにつき、安全のため十分に距離を取りながら、一人一本ずつ木を切り倒します。
4_20210308102405002.jpg

 のこぎりの使い方を教えてもらいながら、「受け口」を作り、「追い口」を入れ、
5_20210308102404989.jpg

 力いっぱい木を押して倒します。
6_202103081024043ce.jpg

 切り倒した木の枝払い、玉切り(一定の間隔で切断して丸太にすること)までしっかりやります。
7_20210308102404145.jpg

 半袖のTシャツで遊ぶ子どもたちもいるぐらいのぽかぽか陽気で、
 みなさん汗をかきながら一生懸命のこぎりを動かしていました。

 作業が終わったら、ボランティアハウスに戻って、使った道具の後片付け。
 水洗いして、拭いて、さび止め剤をスプレーします。
8_20210308102404912.jpg

 最後はボランティアハウスで和気あいあいと今日の感想を話し合いました。
 森づくりの大変さと、何よりも楽しさを感じていただけたようです。
 参加者の皆さま、戸田川みどりの夢くらぶのみなさま、ありがとうございました。

 今年度の「森づくり講座」の募集は終了いたしましたが、来年度もいろいろな講座の開催を予定しております。
 広報なごや等でお知らせいたします。みなさまの森づくり活動へのご参加、お待ちしております。

担当:緑地利活用課

森づくり講座in猪高緑地~竹の炭焼き体験をしよう!~

 1月30日(土)に猪高緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろから猪高緑地で活動していただいている「名東自然倶楽部」の方々を講師としてお迎えし、竹の炭焼き体験をしました。

 気温は低く寒い日ですが、とてもいいお天気です。
 前日に降り積もった雪で、当日の朝は綺麗な雪化粧。
1_20210224100503172.jpg

 まずは、猪高緑地の森の中を散策しながら、塚ノ杁池の話や猪高緑地に生息する動植物のことなど様々なことを教えていただきます。
2_20210224100505b29.jpg

 冬の時期は葉を落としていて分かりませんが、外から持ち込まれた園芸スイレンが池を覆うほど繁殖し、水生生物や鳥など元の生態系に悪影響を与えています。森を守るためには、外から動植物を持ち込まない、外へ持ち出さないことが大切です。
3_2021022410050719b.jpg

 大きなシダレザクラのあるその名もシダレザクラの里でも動植物の観察や、普段の活動のお話をお聞きしました。
4_202102241005088ad.jpg

 さて、炭焼き場について、はじめに炭や炭焼き窯の説明を受けます。
 パネルを使って丁寧に説明していただきました。
5_20210224100510b19.jpg

 炭焼きには時間がかかります。まずは出来上がった状態のものを取り出すところを見学し、出来上がった竹炭を手にとって確かめます。
6_20210224100511efd.jpg

 窯の中には真っ黒な竹炭がぎっしり詰まっていました。同じ長さに切り揃えた竹を隙間なく窯に詰めて焼きます。
7_20210224100513bf4.jpg

 その後は次の炭焼きに向けて竹を切るところから準備していきます。
 今日の竹は太いものを用意したとのこと。みんなで協力して頑張りましょう。
8_20210224100515aa7.jpg

 引くときにまっすぐ力を入れて切るんだよと、ノコギリの使い方をお聞きし、窯にきっちり詰めるためにサイズをはかりながら竹を切っていきます。
9_202102241005166a1.jpg

 次は切った竹をナタで割っていきます。ナタはノコギリより危険な道具です。使い方をしっかり聞いて、安全に注意して作業をします。
10_2021022410051743e.jpg

 講師の方に見守られながら、竹にあてたナタを木槌でかんかんと叩き、半分に割って、そのまた半分に割って・・・と八等分にします。
11_20210224100519e92.jpg

 最後に竹の節の部分をナタで切り落としますが、ここからの作業は危ないので講師の方におまかせして、参加者のみなさまの体験はここでおしまいです。

 森の中で竹を切り倒すところも見ていただきたかったのですが、今日は雪が積もっていたので断念・・・。

 とても寒い日でしたが、幅広い世代の方にご参加いただき、炭焼きなど森づくり活動の体験をしていただくことができました。参加者のみなさま、名東自然倶楽部のみなさま、ありがとうございました。

 今年度の「森づくり講座」の募集は終了いたしましたが、来年度もいろいろな講座の開催を予定しております。
 また広報なごや等でお知らせさせていただきますので、楽しみにお待ちください。みなさまの森づくり活動へのご参加、お待ちしております。

担当:緑地利活用課

森づくり講座in相生山緑地~オアシスの森で木こり体験~

 10月24日(土)に相生山緑地にて「森づくり講座」を行いました。

 名古屋市では、東部丘陵に残された民有の樹林地をお借りして、市民と行政が一緒になって樹林地を保全・活用していく「オアシスの森事業」を進めています。ここ相生山緑地はそんなオアシスの森の第一号です。

 今回は、相生山緑地を良好な雑木林に育てていくため、日頃から活動をしていらっしゃる「相生山緑地オアシスの森くらぶ」の方々を講師としてお迎えし、竹やヒノキの間伐を体験しました。

 受付、集合場所は相生山緑地の東側、相生口です。いかにも森の入口という雰囲気でわくわくしてきますね。受付をしている間も、森の散策をされる方が何名も通っていかれて人気の高さがうかがい知れます。

①入口

 当日はお天気もよく、朝は冷え込みましたがお昼に近づくにつれ暖かくなり、絶好の森づくり日和となりました。

 最初に講師の方から森づくりについて簡単に説明をしていただきます。どんどん成長してしまう竹や、密集して細く育っているヒノキを間伐し、森を明るくしようというのが本日の活動です。ヒノキを伐採できるのは、名古屋市内ではなかなか貴重な体験とのこと。

②説明

 挨拶と説明の後は、ノコギリや剪定ばさみをもって活動場所へ移動します。森の中には散策路がきちんと整備されており、森林浴を楽しめます。

③移動

 活動場所は向かって左側にヒノキ林、右側に竹林という様子。2班に分かれ、A班はヒノキの間伐に、B班は竹の間伐にまずは取り掛かります。
 樹木や竹の間伐は、大変危険な作業です。倒れてくる木に巻き込まれたり、落ちてくる枝に当たったりすると、大けがどころでは済まない可能性もあるため、十分に注意して作業を行います。

④全体

 ヒノキの間伐作業の様子です。
 まずは倒す方向の側に真横と斜め上から切り込みを入れ「受け口」を作ります。
 次に「受け口」の反対側から、「受け口」と平行で、ちょっと高い位置に「追い口」という水平の切り込みを入れます。

⑤受け口 ⑥追い口

 あらかじめ結んだロープをみんなで引っ張って倒します。ロープを他の木にかけて引っ張る方向を変えたり、充分な距離をとったりして、倒れる木に巻き込まれないようにします。

 ミキミキミキッ…ドシーン!と間近で見る伐倒の迫力に歓声があがります。

⑦引っ張る ⑧倒れた樹木

 倒した後は、枝を払って、3mほどの長さに切っておいておきます。
 みんなで切り倒したこの木はそのうちオアシスの森くらぶさんの手によってベンチに生まれ変わるかも・・・。

 こちらは竹の間伐作業の様子です。 ヒノキと違って中が空洞のため、ノコギリで簡単に切れます。

⑨竹の間伐

 倒れる方向を見極めて、切り込みを入れていきます。密集して生えているので、他の竹に引っかかり、なかなか倒れません。力を合わせて押したり引いたり引っ張ったり。大きな竹が倒れる瞬間もかなりの迫力。

⑩倒れた竹

 途中で作業を交替して、みんな真剣に楽しく活動ができました。
 参加者の方々も貴重な体験ができたのではないでしょうか。

⑪最後

 参加者の皆さま、相生山緑地オアシスの森くらぶのみなさま、ありがとうございました。

 今年度の「森づくり講座」は残り3回予定しております。日時、会場は以下のとおりです。

日 時会 場テーマ
1月30日(土)猪高緑地竹の炭焼き体験をしよう
2月21日(土)戸田川緑地なごや西の森づくりに参加しませんか?
3月7日(日)東山公園クロミノニシゴリ天然下種更新の林床づくり


 また12月1日から募集を開始します。各回20名で応募者多数の場合は抽選となります。講座の内容や応募方法など詳しくは、12月以降の広報なごやでお知らせを予定しておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用課

森づくり講座inなごや東山の森~ヤマツツジいっぱい咲く森づくり~

 6月7日(日)に平和公園くらしの森にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろからなごや東山の森(東山公園、平和公園)で活動していただいている「なごや東山の森づくりの会」の方々を講師としてお迎えし、樹木の伐採や、観察指標株の選定を体験しました。

 受付、集合場所は平和公園にある里山の家です。
 こちらでは「なごや東山の森づくりの会」の活動の様子等も展示されています。今回の活動場所は、里山の家の北、歩いて数分の森の中です。
 ①里山の家

 当日は天候に恵まれ暑いぐらいでしたが、コロナウイルス感染拡大防止のためしっかりマスクをし、熱中症に気をつけて頑張りました。

 最初に講師の方が挨拶をした後、ノコギリや剪定ばさみをもって森へ移動します。大きな道路のすぐそばの森ですが、一歩入ると雰囲気はがらりと変わります。
 ②移動

 さて、活動場所に到着したらまずは活動の主旨を説明していただきました。里山に人の手が入らなくなると、木々が密集し、森が暗くなります。ツツジが蕾をつけるためには明るさが必要です。少しずつ伐採し森を明るくすることで、ツツジがいっぱい咲く明るい雑木林を作っていきます。
 ③活動の説明

 作業の様子です。
 あまり大人数でかたまらないように、班ごとに分かれて実施しました。
 大人の班は斜面の上の方でどんどん作業を進めます。
 ④作業風景(大人)

 小学生の子どもたちも、一生懸命のこぎりを動かします。
 ⑤作業風景(子ども1) ⑥作業風景(子ども2)

 落ち葉かきもしっかりと。
 落ち葉が積もっていると、雨が地表に染み込まず流れてしまいます。
 ⑦落ち葉かき

 作業後は、今後調査を行うための観察指標株を選び、樹の高さや枝張りを計測します。
 ⑧観察指標株

 ツツジが咲くのは4月頃です。今回の作業で、来年はツツジの花がいつもより多く見られるかも。平和公園に桜を見に来られるときは、ぜひツツジの花のことも思い出して、森の中をちょっとのぞいて見てください。
 参加者のみなさま、なごや東山の森づくりの会のみなさま、ありがとうございました。

 また、今年度「森づくり講座」をあと4回予定しております。日時、会場は以下のとおりです。

   日 時           会 場
 10月24日(土)      相生山緑地
  1月30日(土)      猪高緑地
  2月21日(土)      戸田川緑地
  3月 7日(日)      東山公園

 9月1日から順次募集を開始します。各回20名で応募多数の場合抽選となります。講座の内容や応募方法など詳しくは、9月以降の広報なごやでお知らせを予定しております。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用課

森づくり講座in相生山緑地~赤松林再生プロジェクト~

 2月22日(土)に相生山緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろから相生山緑地で活動していただいている「相生山緑地オアシスの森くらぶ」の方々を講師としてお迎えし、樹木の伐採や、ごう掻き(落ち葉掻き)体験しました。

 受付、集合場所の相生口では梅がとてもきれいに咲いていました。
 ①

緑地の中を講師の方のお話を聞きながら移動していきます。
 ②

 途中の梅林の小径でも梅がきれいでした。この場所は5月末~6月初旬ごろにヒメボタルが鑑賞できるそうです。ぜひお出かけしてみてください。
 ③

 さて、活動場所に到着したらまずは活動の主旨を説明していただきました。既存のマツから種が落ちる場所に落ち葉などが分厚く蓄積されてしまっているため、落ち葉掻きをし、マツの成長を妨げてしまう成長の早い他の樹木を伐採しているそうです。
 ④ ⑤

≪活動前≫
 ⑥ ⑦
 みなさまとても真剣にノコギリや熊手を使って作業しています。

≪活動後≫
  ⑧ ⑨
 ご参加いただいたみなさまのご協力で、とてもさっぱりとしましたね。

 活動途中の休憩時間は、見はらしの丘のベンチでひとやすみ。この日は雲が多くみることができませんでしたが、天気のいい日には名古屋駅や伊吹山を見ることができるそうですよ。
 ⑩ ⑪
 ⑫ ⑬
 ここは散策路の一部となっていますので、天気のいい日にぜひ行ってみてください。

 朝から雨が降ったり止んだりの天気でしたが、活動中は雨に降られることはなく、参加いただいたみなさまに森づくり体験をしていただくことができました。参加者のみなさま、相生山緑地オアシスの森くらぶのみなさま、ありがとうございました。
  ⑭

 今年度4回にわたり開催してきました森づくり講座も今回の講座で最後となりました。大高緑地、小幡緑地、猪高緑地、そして今回の相生山緑地。市内さまざまなフィールドで実際に活動されているみなさまに講師をしていただくことで、作業のコツやこれまでの経験を踏まえての工夫した点などを教えていただくことができました。ありがとうございました。
 来年度も市内各所にて森づくり講座の開催を予定しております。詳細が決定しましたら、広報なごや等でご案内させていただきます。今年度ご参加いただいたみなさまも、まだ参加されていないみなさまも、ぜひご参加ください。お待ちしております。

担当:緑地利活用室

森づくり講座in猪高緑地~竹の炭焼きを体験しよう~

 1月18日(土)に猪高緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろから猪高緑地で活動していただいている「名東自然倶楽部」の方々を講師としてお迎えし、竹の炭焼きを体験しました。

 まずは、森の集会所の中で名東自然倶楽部さんの活動概要や、炭焼きについての説明をしていただきました。
  1_202001221417111ef.jpg

 そのあとは緑地の中を散策しながら様々なことを教えていただきました。
 
 2_20200122141712679.jpg
 竹の伐採のデモンストレーションにみなさん興味津々です。
 
 3_20200122141712d9e.jpg 4_20200122141715323.jpg
 塚ノ杁池のほとりから北側に目を向けると、天気のいい日には御嶽山を望むことができるそうです。この日天気は良かったのですが、雲で御嶽山が隠れてしまっていました…。残念です。

 塚ノ杁池から炭焼き場のある北口広場へ向かう途中に、猪高緑地のシンボルツリーである「シダレザクラ」の木があります。
  5_20200122141716840.jpg
 3月末ごろには見頃を迎えますので、ぜひ猪高緑地へお出かけください。

 さて、お待たせしました。いよいよ炭焼き体験です。
  6_20200122141720e5e.jpg
 炭焼きには時間がかかります。講師の方々が事前に準備をしてくださり、出来上がった状態のものを取り出す窯だしのところからスタートしました。窯の中には真っ黒な竹炭がぎっしり詰まっていました。隙間なく竹を詰めることがポイントだそうです。
7_2020012214172069a.jpg 8_202001221417207a1.jpg

 その後は次の炭焼きに向けて竹を切るところから準備していきます。
 9_20200122141721a96.jpg

 窯に詰めるために規定のサイズに印を付けていきます。ノコギリで切っていきますが、ノコギリの使い分けについて説明していただきました。歯の細かさによって竹を切るのに適しているもの、木を切るのに適しているものがあるそうです。今回は一番左の歯の細かいノコギリを使用しました。ノコギリひとつとってもいろいろな使い分けがあるようですね。奥が深いです…。
 10_2020012214172325f.jpg

 講師の方々に教えていただきながら順番に竹を切っていきます。ノコギリはまっすぐ、引くときに力を入れるとスムーズに切れますよ。
11_202001221417254e0.jpg 12_20200122141726cfe.jpg

 次は切った竹をナタで割っていきます。半分に割って、そのまた半分、また半分…。8等分にしていきます。
13_20200122141728131.jpg
 ナタの使い方もしっかりと教えていただきました。安全第一ですね。
14_2020012214172961c.jpg 15_202001221417329e5.jpg

 最後に8等分した竹の節の部分をナタで切り落とします。窯に詰める際に節があると隙間ができてしまうので、この作業は重要です。
16_202001221417021ae.jpg

 割った竹は重ねて乾燥させてから窯に詰め、炭焼きを行います。すでに乾燥済みの竹を窯に詰めるため準備していきます。まずは写真のように縦に重ねていきます。
 17_20200122141703357.jpg

 ある程度詰まったら今度は隙間に竹を押し込んでいきます。
 18_2020012214170551c.jpg
 
 隙間をなくすことがポイントなので、ここも重要ですね。
 19.jpg

 それでは最後に、窯に詰めていきましょう。びっしりと詰まっていますね。重たいので力を合わせて窯に押し込みます。
 20.jpg 21.jpg
 あとは上と左右にできている隙間に竹を詰め込めば完了です。お疲れ様でした。

 冬晴れの心地よい日差しの中、幅広い世代の方に参加いただき、炭焼きを体験していただくことができました。参加者のみなさま、名東自然倶楽部のみなさま、ありがとうございました。


 また、今年度「森づくり講座」をあと1回予定しております。
 22.jpg
 
◆赤松林再生プロジェクトin相生山緑地
  2月22日(土)10時~12時
  対象:小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴)
  締切:2月10日(月)消印有効
 
 ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。(詳細は「森づくり講座 電子申請」で検索)

 担当:緑地利活用室

森づくり講座in小幡緑地~マメナシをまるごと知ろう~

 11月24日(日)に小幡緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 日ごろから小幡緑地などで活動していただいている「愛知守山自然の会」の方々を講師としてお迎えし、保全活動などの体験をしました。

 ところで、みなさんは「マメナシ」をご存じですか?

 ご存じない方も多くいらっしゃると思います。
 そのような方にも「マメナシ」を知っていただくために、講座の冒頭には「マメナシ」について丁寧にレクチャーしていただきました。

 春には白い可憐な花を咲かせ、秋には1cmくらいのナシにそっくりな小さな実をつける木です。日本国内では愛知、岐阜、三重の限られた場所にのみ生育しており、「絶滅危惧植物」に指定されています。小幡緑地は園路沿いでマメナシを観察することができ、貴重な生育地となっています。講師の愛知守山自然の会のみなさまには、この貴重な生育地の保全・保護にご尽力いただいております。
       1_2019112810472837f.jpg

 その後は、マメナシの生育地を実際に観察してまわりました。まずは「シンボルツリーのマメナシ」です。守山スポーツセンターとの境にある立派な木です。
       2_201911281047290ba.jpg

 近くにはこの木になった実の種から成長したと思われる小さな実生が何本かありました。草刈の際などに誤って刈ってしまわないように、発見したら支柱などで囲み、保護しているようです。
       3_20191128104733218.jpg

 道中いろいろなところで成木や幼木の「マメナシ」を観察することができました。
       4_20191128104722e54.jpg

       5_20191128104724b21.jpg

 緑ヶ池池畔に着いたら、いよいよ実際に保全活動を体験します。「マメナシ」のまわりに生えてきた雑草などを鎌で刈っていきます。鎌の正しい安全な使い方を教えていただき、「マメナシ」を巻き込まないように丁寧に刈っていきました。とても根気のいる作業ですが、これも「マメナシ」を守り育てていくための大切な作業です。
       6_20191128104725d57.jpg

 快適な気候の中、秋も深まり色とりどりに色づいた木々や池を泳ぐ鳥たちに癒されながら、保全活動の体験を行うことができました。

 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった愛知守山自然の会のみなさま、ありがとうございました。

 今回は11月開催ということで、「マメナシ」の実を実際に観察することができました。4月の桜の時期の少しあとが「マメナシ」の花がきれいなタイミングだそうです。来年の4月にみなさん「マメナシ」の花を見にお出かけしてみませんか?4月11日(土)には今回の講師を務めていただいた愛知守山自然の会の自然観察会も開催されますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

また、今年度「森づくり講座」をあと2回予定しております。
◆竹の炭焼きを体験しようin猪高緑地
 1月18日(土)10時~12時半
 対象:小学4年生以上 (小学生は保護者同伴)
 1月6日(月)締切(消印有効)

◆赤松林再生プロジェクトin相生山緑地
 2月22日(土)10時~12時
 対象:小学生以上 (小学3年生以下は保護者同伴)
 2月10日(月)締切(消印有効)

        7_20191128104726f26.jpg
ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。(詳細は「森づくり講座 電子申請」で検索)

担当:緑地利活用室

森づくり講座in大高緑地~竹を切って調べてみよう~

 7月28日(日)に大高緑地にて「森づくり講座」を行いました。
 台風6号の影響により翌日に順延となったにもかかわらず、たくさんの方にご参加いただきました。
 台風一過の快晴の下、日ごろから大高緑地など市内のいろいろな公園で活動していただいている「花水緑の会」の方々を講師としてお迎えし、保全活動などの体験をしていきます。

  ①竹クイズ
 まずは竹のことを知ってもらうための「竹クイズ」。ふだん何気なく目にしている竹や、おいしくいただいている筍についての新発見がいろいろありました。

 その後は班ごとに分かれ竹林へ移動し、いよいよ保全活動体験です。
  ②移動


 講師の方々のアドバイスや支援で、ノコギリを使用した「竹の伐採体験」を行いました。

  ③伐採
  ④m伐採
  ⑤
 竹を切り倒した後はメジャーなどを使って、竹の長さ、厚み、節の数や枝の状態などを協力して調べました。

  ⑥枝払い
 調べた後は「枝払い」を行います。竹の枝を1本ずつはずして、竹稈(ちくかん/茎の部分)だけの状態にします。

  ⑦竹クラフト
 後半はこの竹稈を使って「竹クラフト」を行いました。コップ、箸、貯金箱や輪投げなど、講師の方々と一緒にそれぞれ好きなものを作っていきます。中にはご家族で流しそうめんをされるとのことで、流しそうめん用に竹を割っている参加者の方もいらっしゃいました。

  ⑧竹クラフト
  ⑨竹クラフト
 木陰とはいえ、最高気温が34.4℃のとても暑い中行われた森づくり講座でしたが、けがもなく、全員が笑顔で帰宅の途につくことができました。

 ご参加いただいたみなさま、講師を務めてくださった花水緑の会のみなさま、ありがとうございました。

 また、今年度「森づくり講座」をあと3回予定しております。内容、会場は以下のとおりです。
  ⑩講座一覧表

 10月1日から募集を開始します。各回20名で応募多数の場合抽選となります。応募方法など詳しくは、10月以降の広報なごやでお知らせを予定しております。ご興味のある方はぜひご参加ください。ご応募お待ちしております。

担当:緑地利活用室

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。