桜の開花を前に名建協による清掃活動が行われました!

 瑞穂土木事務所です。暖かくなったかと思えば寒くなり、少しずつ春が近づいてきましたね。春と言えば、桜。桜と言えば山崎川ですが、メインのソメイヨシノはまだつぼみですが、早咲きの河津桜はもう満開となりました。

1_無害化済
 満開となった山崎川沿いの河津桜

 そんな桜シーズンを前に瑞穂区内で行われた、名古屋建設業協会(名建協)さんによるボランティア清掃活動を紹介します。
 
 名建協さんは、名古屋市に本社を置く建設業者から成る団体で、災害発生の際の復旧への協力をはじめ多くの取組みで名古屋市に協力いただいています。活動のうちの1つに市内の道路、河川、公園における清掃活動があり、令和5年度も市内各地で計6回の活動を行っていただきました。

 今年度最後の清掃活動が2月17日(土)に、瑞穂区内の山崎川周辺や瑞穂公園付近の山手グリーンロードで、約140名の皆さんにより行われ、瑞穂土木事務所からも2名の職員が参加しました。



 名建協さんは、今回の活動が17年で通算103回目とのことで、息の長い継続的な取り組みに対して感謝申し上げます。

 とりわけ瑞穂区内では、毎年桜が開花する前の2月に清掃活動を行っていただくとともに、5月にも山崎川沿いに生えている特定外来生物のオオキンケイギクの駆除活動も行っていただいており、重ねて感謝申し上げます。

2_無害化済

 さて、当日の活動の様子ですが、名古屋建設業協会のウェブサイトに詳しく掲載されていますので、こちらもご覧ください。
  http://meikenkyou.or.jp/topics/diary.cgi?no=300

 今回の清掃活動では、川沿いや道路も一見するとゴミもなくきれいに見えましたが、よく見ると植え込みの奥深くや草が伸びている箇所などには結構な量のゴミがありました。皆さんに頑張って拾っていただき、街がきれいになりました。参加された皆様、ありがとうございました。

担当:瑞穂土木事務所

「新瑞橋クリーン作戦」で街がきれいになりました!

 今回ご紹介する取組みは、きれいで快適なまちづくりを進める瑞穂区の「新瑞橋クリーン作戦」です。この取組みは、毎月8日に美化推進重点区域である新瑞橋周辺の清掃活動を、地域の皆さまと行政とが協働して実施するもので、平成18年に始まったものです。
 行政側の参加者は、区役所、保健センター、環境事業所、土木事務所、消防署、上下水道局営業所、交通局で、土木事務所からも毎月1~2名が参加して、主に新瑞橋バスターミナルや周辺の道路を清掃しています。
 以前に地域の方よりバスターミナル横の山崎川の護岸に、ゴミがたくさん捨てられているとのご指摘を受けました。
 そこで、今回2月8日(木)のクリーン作戦では、普段はなかなか掃除ができない川のゴミも拾うため、瑞穂土木事務所から補修班を含む7名が参加しました。

1_無害化済   
      午前10時 新瑞橋バスターミナルに集合!


 川に降りると、空き缶、ペットボトル、お菓子の袋など多くのゴミが落ちていましたが、総勢約20名の手にかかれば、何のことはなく、30分ほどでゴミはほぼなくなりました。道路上では、たばこの吸い殻が多く、空き缶やペットボトルはあまり落ちていませんが、川は人目に付きにくいため捨てやすいのでしょうか。
 また、ゴミが捨てられて汚れている場所にはゴミが捨てられやすいことから、“ゴミがゴミを呼ぶ”と言われています。これで少しはポイ捨てが減るといいなと思います。

 
2_無害化済
   ペットボトルや、お菓子の包み紙などが散乱していました。

 
3_無害化済
   川に落ちないように気を付けて、ごみを拾いました。


4_無害化済     
   30分ほどで、とてもきれいになりました。


 2年半後に瑞穂陸上競技場をメイン会場として開催される「第20回アジア競技大会及び第5回アジアパラ競技大会」に向けて競技場本体はじめ周辺でハード整備が鋭意進められていますが、多くの観客や大会関係者をきれいな街でお迎えできるよう、今後も地域と行政が一丸となって取り組んでいきます!

担当:瑞穂土木事務所

船原公園にベンチの設置とサクラの植樹をしました

 こんにちは。久しぶりの瑞穂土木事務所です。

 瑞穂区の区の木、区の花は“サクラ”です。
 区内の各所にサクラが植えられ、春にはたくさんの人が花を楽しんでいます。
 いくつかの公園にも、サクラの木はありますが、船原公園には、4種類(ジュウガツザクラ、ギョイコウ、サトザクラ、コヒガンザクラ)、4本のサクラの木が植えられています。
 今回、そのうちの1本(コヒガンザクラ)が枯れてしまったため、植え替えを行うこととなりました。
 また、休憩スペースとして、ベンチも2基設置することになりました。
 そこで、緑地補修班の出動です!!

 快晴の1月30日(火)午前に工事スタートです。
 遊具のあるエリアに遊びに来ていた、小さいお子さんが、公園の中に入ってきたトラックに興味津々。
 木を抜くためのバックホウと黄色いトラックが並んでいるところを、少し離れたところから楽しそうに見学していましたよ。
 まず、枯れてしまった木を撤去するのですが、これはさすがに補修班では無理なので、造園業者さんに頼んで、抜いてもらいました。
 枯れた木を抜いたあと土をほぐし、土を入れ替えます。
 そして、新しいサクラの木を植樹します。
 そのあとは、たっぷりと水をあげ、根がしっかりとつくまでは、添え木を設置しておきます。

1_無害化済  
   なんと、散水栓から、植樹の位置が遠い!!
   ホースをいっぱいに伸ばして、たっぷりお水をあげました。


2_無害化済 
   仕上げに、添え木の高さを合わせて設置します。
 

3_無害化済 
 近隣町内会の役員や公園愛護会の方が、新しいサクラの木を楽しみに、工事の様子を見に来られていました。
写真を撮っていたら、公園に植えられているサクラの種類を教えてくださいました。

 同時に、新しいベンチを2基、サクラの木の近くに設置しました。
4_無害化済

5_無害化済  
  高さを合わせて、丁寧に設置完了!


6_無害化済  
   公園のジュウガツザクラが、きれいに咲いていました。


 みなさんに見守られ、午前中には、設置を完了しました。
 その他のサクラの花が咲く春も、もうすぐそこですね。
 いつもまでも、みなさんに楽しんでもらえる公園であってほしいですね。

担当:瑞穂土木事務所

公園施設の更新のワークショップを開催

 こんにちは。
 瑞穂区にある東栄公園は、面積が約1,100㎡の小さな公園ですが、午前中から昼過ぎにかけては近隣の小さなお子さまや保育園の園児が、その後は学校から帰った児童、生徒が集まる子どもたちの貴重な遊び場となっています。
 この公園では、来年度に老朽化した遊具や防球ネットの更新を予定しており、その内容について利用者や近隣にお住まいの方が中心となって考えていただくことを目的に、12月9日にワークショップを開催しました。

1_無害化済
現在の東栄公園

 当日は、公園で遊んでいる子どものお母さま方、公園愛護会、隣接してお住まいの方、近くの保育園の園長さん、区政協力委員長の計8名の参加者が集まりました。
 初めに、土木事務所の担当者から、工事の目的、撤去する施設と新設予定の施設、遊具の配置に関する条件を説明した後、2つのグループに分かれて、どんな種類の遊具をどの場所に配置するかについてワークショップを行いました。

2_無害化済
ワークショップの様子
      
 更新工事なので、撤去した遊具と同じ遊具を新たに設置することが基本ですが、これまでよりも遊具の安全領域を広くとる必要があることや幼児用と児童用の遊具を分けるといったルール、公園の維持管理のための車両が通れるスペースも確保する必要があること等、遊具の配置にはさまざまな制約があります。参加者の皆さんは、“限られたスペースにいかに遊具を入れるか”頭を悩ませ、職員に対する質問もたくさんいただきました。
 その結果、2つのグループは、配置が少し違うものの、同じ遊具を選び、最終的に参加者の皆さんが納得する案を決めることができました。
 今回のワークショップでは、遊具の安全確保に関する考え方を利用者の皆様に知っていただくことができた他、公園利用者に対する近隣にお住いの方の意見を参加者で共有することもでき、有意義なワークショップになりました。その他、参加した皆さまからは、夏の暑さや急な雨をしのげる屋根の設置要望、公園利用のルールに関する意見などもいただきました。土木事務所では、地域に愛される公園づくりに向けて、皆さまの声を少しでも反映できるよう頑張ります!

担当:瑞穂土木事務所

大学・地域等の協働による清掃活動を紹介します

 新人職員のKです。今回紹介する活動は保健環境委員を始めとする地域の
皆様、名古屋市立大学薬学部の職員、学生、教授の皆様、瑞穂公園を管理する
株式会社瑞穂LOOP-PFIの職員と名古屋市との協働によるボランティア清掃です。
 この清掃活動は、地域から大学への呼びかけをきっかけに今年の6月から始まった新たな取り組みで、月に1回、名古屋市立大学薬学部前の歩道を清掃するものです。10月30日(月)の清掃活動に私も参加しました。今回は20名程度の参加があり、落葉がいっぱいだった歩道を30分ほどでとてもきれいにすることができました。 
1_無害化済

2_無害化済

 沢山の落ち葉やゴミを集めることができました。参加した皆様お疲れ様でした。
3_無害化済
     
  10月末にもかかわらず蚊が多く、沢山さされてしまいましたが、掃除後
のゴミ袋を見るととても達成感がありました。
  これからも清掃活動に積極的に取り組んで、街に貢献していきたいです。

担当:瑞穂土木事務所

快晴の空の下、瑞穂区民まつりに参加しました

 土木事務所に配属されて、7か月が過ぎ作業服も板についてきたかな?と思う今日この頃。久しぶりに登場の新人職員Kです。 

 さて、快晴の11月4日(土)に、パロマ瑞穂レクリエーション広場で、瑞穂区民まつりが開催され、瑞穂土木事務所も参加しました。
 そして私Kも、仕事として初めてイベントに従事しました。
1_無害化済       

 今年の区民まつりは、瑞穂区制80周年特別企画として、「はたらく車大集合!」という企画もあり、例年よりたくさんの「はたらく車」が集合しました。
2_無害化済

3_無害化済
       
4_無害化済
   
5_無害化済

6_無害化済

7_無害化済
          
 土木事務所ブースでは、道路パトロールカーの乗車体験と、区内の街路樹等の伐採木を活用した、コースターづくりを実施しました。
 
8_無害化済
 暑い中、道路パトロールカー乗車体験待ちの行列ができていました。

 子ども用ヘルメットと反射材付きビブスを付け、運転席に乗車して、はいポーズ。
9_無害化済
       
 乗車体験の後は、記念の「子どもパトロール隊認定証」と、お楽しみガチャで、当たった商品をプレゼントしました。
10_無害化済

11_無害化済
 ガチャは、子どもたちに大人気でした!

12_無害化済    
 A賞のクラフトパトカー狙いの子が多くいました。
  
 伐採木のコースターづくりでは、好きな木を選んで、思い思いの絵を描いてもらいました。アニメのキャラクターや花をすごく上手に書いている小学生もいて、びっくり!!(うますぎる・・・)
    
13_無害化済

14_無害化済

15_無害化済
 可愛い花が描けていたので、写真を撮らせていただきました。

 結構ハードな一日でしたが、たくさんの区民のみなさんにご参加いただき、そして、たくさんの子どもたちの笑顔が見られ、とても充実した一日になりました。
 土木事務所のブースにお立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました。

担当:瑞穂土木事務所

名古屋市立大学の学生さんと意見交換しました

 みなさん、土木事務所の仕事について、どんなイメージを持っていますか?

 瑞穂土木事務所では、土木事務所の仕事を知ってもらうために、効果的な広報は何か? を考えていました。
 過去に作成された事業概要を更新するにあたり、「若い人の意見を聞いてみよう!」ということになり、区内にある名古屋市立大学大学院の三浦先生(人間文化研究科)にお願いし、ゼミの学生さんに意見をいただくことにしました。
1_無害化済          

 10月19日(木)、大学3、4年生20名に集まってもらい、4つのグループに分かれて、グループを入れ替わるワールドカフェの方式で様々な意見を出してもらいました。
 
2_無害化済
ワールドカフェの様子


 途中、グループでどんな話し合いがされているか、覗かせていただきました。
 うーん・・・・・
 かなり厳しい意見も出ている・・・
 でも、ありがたいことに、それって、本当に率直な感想ですよね!!
     
3_無害化済
各自の意見を模造紙に記入していきます。


 最後に、各グループから出された意見をまとめて発表していただきました。
 たくさん参考となる意見をいただきました。

4_無害化済    
各グループの代表者から出た意見を発表してもらいました。

 
★発表された意見の一部です。
 ・「どりょくん」って何のキャラクター?
 ・補修班とはなんですか?
 ・事業概要が誰に説明したいものなのか、対象が分らない。
 ・読み手が知りたい内容になっていない。
 ・予算などの数字が書いてあっても、身近なものとしてとらえにくい。
 ・キャラクターに説明させているようにしたほうが、親近感が湧くのでは。
 ・ライン通報などDXを活用したものなど、若者がとっつきやすいものを前面に押し出す。
 ・「道路占用」などなじみのない専門用語は分からない。
 ・知ってほしい内容の字を大きくするなど、メリハリをつける。
 ・文面は簡単にして、詳細説明はQRコードでするなど興味を引き付けるようにする。
 ・やりがいや厳しい面など、職員の生の声を載せて説明する。

           
 まだまだ、たくさんの意見をいただきました。
 ご参加いただいた学生のみなさん、ありがとうございました。

 すべてを網羅はできませんが、参考とさせていただき、新しい事業概要を作成したいと思います。
 こうご期待!!

担当:瑞穂土木事務所

道路啓開訓練と瑞穂区総合防災訓練に参加しました。

 みなさんご存じの方も多いと思いますが、9月1日は「防災の日」です。また、8月30日から9月5日までを「防災週間」として、様々な地域で防災訓練が実施されています。
 特に、今年の「防災の日」は、関東大震災から100年となる節目の年であり、マスコミでも大きく取り上げられていますね。

 さて、瑞穂土木事務所では、9月1日(金)に瑞穂警察署と一般社団法人名古屋建設業協会と合同で、地震による被害を想定し、道路に放置された車両を移動する「道路啓開訓練」を実施しました。
 また、9月3日(日)には、汐路小学校で実施された、「瑞穂区総合防災訓練」に参加し、道路上に倒れた街路樹を撤去する障害物除去訓練を実施しました。
 実際の災害時に、救援・救護活動や物資の運搬などのために、道路を通行できるようにするのは、土木事務所の大事な任務です。


【道路啓開訓練】
 主要地方道名古屋環状線の3車線のうち一番中央寄りの車線に車両が放置されているという想定で、車両を移動させるためのカードーリーを使って訓練を実施しました。
 当日現地を通行されたみなさまには、通行の際の車線変更等、ご協力いただきありがとうございました。
 また、当日訓練に参加された、瑞穂警察署のみなさん、一般社団法人名古屋建設業協会のみなさん、暑い中ありがとうございました。

1_無害化済(1)
訓練のため、中央寄りの1車線を通行止めに。

2_無害化済(1)
車両に、移動する旨表示します。
  
3_無害化済(1)
放置された車両にカードーリーを取り付け、移動します。

4_無害化済(1)
みなさんの協力により、短時間で車両を移動することができました。


【瑞穂区総合防災訓練】
 地震により倒れた街路樹が道路をふさいで通行障害となっていると想定し、倒れた樹木をチェーンソーで切って、トラックに積み搬出する訓練を実施しました。
 
5_無害化済(1)

6_無害化済(1)
大勢の区民のみなさんの前での訓練は緊張しますね。

7_無害化済
無事に、除去が完了しました。

 いざという時のためには、日ごろの訓練がとても大切ですね。
 みなさま、ご協力ありがとうございました。

担当:瑞穂土木事務所

どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: