川名公園芝生再生プロジェクト!

 こんにちは、昭和土木事務所です。

 3月2日、広路小学校6年生の皆さんと、「川名公園芝生再生プロジェクト」を開催しました!
 1_無害化済
 川名公園には広大な芝生広場があり、とても多くの市民の方に利用していただいています。公園管理者の土木事務所としては大変うれしいです。
しかし、丈夫な芝生も川名公園の利用者の多さには耐えきれず、一部が痛んでなくなってしまいました。。。
 2_無害化済
 そこで昨年から、川名公園お隣の広路小学校さんの力を借りて、芝生の張り直しを行っています。今年で2回目の開催ですね!

 芝張りイベントに先立って、踏み固まってしまった土を掘り起こし、肥料を混ぜ込んでおきました。植え付け用の芝生を周りに準備し、植え付けエリアを8分割しました。
 3_無害化済
 新型コロナウイルス感染症対策として、1度に8人ずつ、それぞれの区画に分かれて作業をしてもらいました。
 4_無害化済
 さすが6年生、きっちり隙間なく丁寧に並べてくれました。まるでカーペットを敷いたようですね。
 5_無害化済 
 その後、芝生がしっかりと根付くように「目土かけ」をします。土でせっかくの芝が隠れてしまいましたが、GWの頃には緑色の葉を伸ばしてくれるはずです!楽しみですね♪芝生のためにしばらくはお預けです。。。
 6_無害化済
 この芝生再生プロジェクト事業は、愛知県の「あいち森と緑づくり税」を財源とした「県民参加緑づくり事業」により実施しました。昨年に引き続き、記念ポスターのデザインを児童さんお願いしたところ、25枚も絵を描いていただけました!どれも力作で選べない!ということで、すべての絵を載せたポスターを作りました。
 7_無害化済
 公園の北角に掲示していますので、ぜひ現地で見ていただきたいです♪

  芝張りイベント開催にあたり、広路小学校教諭の皆様、工事受注業者の皆様並びに公園利用者の皆様、多数の方のご協力をいただき、無事終了することができました。職員一同一安心しております。

  昭和土木事務所としては、来年以降もぜひプロジェクトを継続できるよう前向きに取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします!
  最後になりましたが、広路小学校6年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。芝生再生プロジェクトが卒業前の良い思い出になれば幸いです。また川名公園に遊びに来てくださいね!皆さんの新生活も応援しています!

 担当:昭和土木事務所

川原小学校2年生の町探検

 こんにちは、昭和土木事務所です。

 今日(11月2日)は、昨年に引き続き、川原小学校2年生11名の子どもたちが、生活科の「町探検」の学習として昭和土木事務所に来てくれました。

 まず最初は、道路班の仕事の紹介です。
 アスファルト補修材をTCメルター(ヒーター式アスファルト溶解窯)で溶解し、舗装のひび割れに流し込み、修復します。
            image002_20211123132333b0a.png

 最初、200℃を超えていた補修材が、手で触れる温度までに下がってびっくりです!
            image004_202111231323356cc.png

 次は、緑地班の仕事の紹介です。
 みんな一生懸命に話を聞いてくれています。
            image006_20211123132336f30.png

 チェーンソーの実演では、あまりの音の大きさに耳をふさぐ子、一生懸命に写真を撮る子などがいました。
            image008_20211123132338c71.png

 パッカー車にみんなで切った枝を入れてみました。
 これは、静かな作業なので、みんな楽しくできました♪
            image010_20211123132339f5a.png

 一通り説明した後、「お仕事をしていて、どんなときが大変ですか?」
 「なぜこの仕事をしようと思いましたか?」など、たくさんの質問がありました。
            image012_202111231323300c5.png

            image014_20211123132332503.png

 短い時間でしたが、皆様お疲れ様でした。
 今度、道路や公園で私たちを見かけたら手を振ってね! !

 担当:昭和土木事務所

川名公園 防災授業

 こんにちは、昭和土木事務所です。

 10月に入り秋らしい気候になってきて、食欲の秋・運動の秋、色々ありますが、昭和土木は防災の秋がやってきました。

 昨年度に続き、広路小学校さんと協働で防災授業を10月20日に、小学3年生合計99名の児童の皆さんに参加していただき、防災施設の説明と体験授業を行いました。

 ①全体集合¥

 今年も、児童さんが密集しないよう、1クラスずつ3班に分かれてもらい訓練を行います。

 まずは「かまどベンチ」です。昨年は「かまど」という名前のおかげで、ずいぶん盛り上がりましたが、今年は「ゲームで知ってる!」と言った声もたくさんいただきました。
 ②かまど説明
 今年は、感染対策として火を焚いて炊き出し訓練ができなかったのは残念でしたが、コロナが収まったら訓練再開できることを楽しみにしています。
 ③かまど説明2

 仮設トイレは、完成形を見てもらいながら、設置の方法を説明し、実際に座ってもらったり、テントの中に入ったり楽しそうに学習してくれました。
 ④トイレ説明

 井戸は昨年に引き続き子どもたちに大人気!普段体験できないことなので、水が出るたびに歓声があがっていました。
 ⑤井戸

 井戸水を普段は、公園内の池に流している説明を子ども達に、話をすると、「見に来る!何時に流れるの?」と興味をもっていただけました。
 ⑥池

 防災パーゴラは、日よけの幕を張るために、ロープを児童の皆さんに投げていただきました。この日は風が少し強かったのですが、頑張ってチャレンジしてくれました。 
 ⑦パーゴラ

 また今回から、道路パトロールカーの展示を行ったところ、子ども達に大好評!「走っているのを見たことある!かっこいい!」とうれしい話をいただきながら、運転席や後部座席に座って乗車体験もしてもらいました。
 ⑧パト展示
  授業の最後に、児童の皆さんからの質問コーナーを作りましたが、非常に活発に質問をいただき、「他には防災施設は公園内に何がありますか」「防災ヘリコプターはどこに着陸しますか」等時間が足りないくらいでした。
 ⑨質問

 来年も児童の皆さんに楽しく設営の方法や、施設の使い方を体験していただき、貴重な学習の時間を充実させられるよう、今後も土木事務所職員の訓練も行いながら、災害に備えていきます。 
 ⑩職員井戸 ⑪職員トイレ
 ⑫職員パーゴラ ⑬パト車

 防災授業のおかげで、災害が発生すると普段の「あたりまえ」生活ができなくなり、児童さんからも「かまどでご飯を炊いたり、井戸で水をくんだり江戸時代に戻ったみたいで大変だ」と発言がでるほど、防災に対して考えていただける機会になりました。

 最後になりましたが、貴重な授業時間をあてて参加していただいた広路小学校児童の皆さんお疲れさまでした、校長先生始め、準備にご尽力いただきました、先生方ありがとうございました。来年度以降も、よろしくお願い致します。

 担当:昭和土木事務所

白金ハンプ大作戦

 こんにちは、昭和土木事務所です。

 9月21日に昭和区白金二丁目に、新しい交通安全対策の試験施工として道路上に昭和土木事務所職員で、ハンプの設置作業を行いました。

 この新しい交通安全対策は、この秋全国の様々な自治体で展開しています。昭和区では、約2か月間の期間限定で試験設置となります。

 職員も初の試みのため、事前準備から試行錯誤・・・事前に現地を調査し、設置面のアスファルトの段差もきれいに補修して当日を迎えました。

          事前準備 施工中                事前準備 施工完了
 1 2   

 この作業は、日頃より昭和区管内で悪くなった舗装の修繕を行っている直営作業班!あっという間にきれいに仕上げてくれました。

 ハンプの設置作業は道路の真ん中で施工するため、道路を通行止め規制して作業を行います。事前に地元の方や小学校にもPR文書を配布し、警察等関係公所にも協議を行いました。皆さまご協力ありがとうございました。

 朝9時より通行止めを規制材、トラック等を使って行います。
 3_20211005184323cc7.png 4_20211005184325282.png   
 
 通行止め規制完了後、資材と機材をおろして準備していきます。このハンプに使用する、四角のゴムマット1枚の重さは最大80kgあるので慎重にトラックからおろして仮置きしていきます。
 5_20211005184326c64.png 6_20211005184317807.png
    
          設置位置出し作業               固定用の穴をあけます      
 7_20211005184319597.png 8_20211005184340857.png
  
 ハンプは既設の道路上に段差を付けることにより、車の速度抑制効果を狙ったものであるため、しっかりと固定して設置していきます。
 
          左右のズレ確認ヨシ!            最後まで丁寧に作業中
 9_20211005184342c09.png 10_20211005184343c30.png   
 
 そして、半日であっという間に完成です!
 11_20211005184345bd2.png
 
 なんということでしょう・・・ 
 朝には何もなかった道路上に安全対策施設が設置されました、手前味噌ながら、昭和土木事務所の直営作業班、非常に良い仕事をしてくれました!

 ところで、お気づきの方もいるかもしれませんが「あれ?最初横断歩道だったよね?」という疑問をお持ちの方、さすがですね!
実はこのハンプ、「スムーズ横断歩道」として設置されたものになります。

                  横断歩道  ハンプ設置前
 13.png
                  横断歩道 ハンプ設置後
 14.png
 
 横断歩道設置後は、さっそく小学校の児童さんが登下校時に利用していただけました。
 
 今後も、地域の方が安心・安全に生活していただけるよう、取り組んでいきますので、お気づきの点がありましたら、土木事務所までご連絡ください。

 担当:昭和土木事務所

隼人池公園にて生き物観察会を開催しました!

 こんにちは。昭和土木事務所です。
 6月18日(金)に昭和区の隼人池公園にて、生き物観察会が開催されました。この講座は「なごや生物多様性センター」が主催し、隼人池に住む生き物を観察することで、地域の子どもたちが生き物について学び、親しんでもらうものです。開催に先立って、「隼人池を美しくする会」の会長が観察場所の除草と清掃をしてくださりました。

 今回は、八事小学校6年生が隼人池に住む生き物について学びました。池の中に仕掛けられた罠を引き上げ、罠にかかった生き物を観察しました。
 引き上げ 
 よいしょ、よいしょ

 なにがいるかな
 なにが捕まったかな?

 今回仕掛けた罠には、昔から隼人池に生息しているモツゴという魚のほか、外来種のブルーギル、カダヤシ、アメリカザリガニなどが捕まりました。なごや生物多様性センターの宇治原先生から、生き物の暮らしや環境問題について話していただきました。捕まえた生き物のほかにも、隼人池に生息するクサガメやイシガメなどのカメも、本物を見ながら教えていただきました。

 魚紹介
 ブルーギルとは英語で「青い鰓(エラ)」を意味しているよ
 カメ紹介
 クサガメの名前の由来は「臭い亀」からきているよ

 隼人池は、隼人池を美しくする会や、なごや生物多様性センターのほか、上下水道局南部管路センター、そして昭和土木事務所が協力して維持管理と生き物の保全をしています。これからも隼人池に生息する生き物を守り、身近な自然を未来へつないでいきたいと思います。
 隼人池

 担当:昭和土木事務所

川名公園森づくり隊がシトラスリボンの花壇を作りました!

 こんにちは。昭和土木事務所です。
 今回は、川名公園森づくり隊の皆様が6月5日に植え付けた、シトラスリボンをデザインした花壇について紹介します。

 川名公園森づくり隊は、川名公園の環境学習の森やビオトープで、植樹や維持管理などを、10年以上にわたり活動されています。環境学習の森の南側には4つの花壇があり、川名公園森づくり隊会員のうち、広路学区女性会の皆様が中心で管理しています。このたび、その花壇のうちの2つに、シトラスリボンをデザインした花苗の植え付けを行ないました。
 花壇準備
 花壇を耕し、植え付けの下絵をかきました
 植付の様子
 並べた花苗をみんなで植え付けました

 シトラスリボンプロジェクトとは、新型コロナウイルスに関わる差別や偏見をなくそうとする運動で、愛媛から全国へ広がっています。川名公園の花壇から、このやさしい輪を広げたいと、大きなシトラスリボンをお花で表現しました。
 川名公園へお越しの際は、ぜひこの花壇もご覧ください!環境学習の森も、木陰で涼しく夏におすすめです。
 集合写真
 作業後に記念撮影
 看板 (1)
 手作りの説明看板

 担当:昭和土木事務所

芝生再生プロジェクトin川名公園

 こんにちは、昭和土木事務所です。

 3月10日、広路小学校6年生94名の皆さんに、川名公園の芝生の植付け作業を行っていただきました。

 川名公園の芝生広場は、とても多くの市民の方に利用していただいており、土木事務所職員としては、非常にうれしく思っているところです。

 しかし、最近、芝生の一部が枯れて無くなり、地面の土が表面に出てしまっているところが目立つようになってきました(´·ω·`)ショボーン
1_20210319100843cd5.jpg 
【広場をたくさん利用していただいた証ですね】

 そこで今回、川名公園のお隣の広路小学校の方々の力を借りて、芝生の植付けを行うことになりました!

 当日は、良く晴れて暖かく屋外作業には非常に良い天気。冬桜も満開に咲いてとてもきれいです。
2_20210319100845d25.jpg 
【満開の冬桜! 今が見ごろです】

 児童のみなさんに植付けていただく場所は、事前に造園業者の方で一度土を掘り起こし、肥料を入れて準備万端です。皆さんが到着する前に、植付け場所を9つの区画に分割しました。
3_202103191008464e4.jpg 
【土も入れ替え、芝も並べて準備完了】

4_20210319100849ef1.jpg 
【芝を運んで、並べ方を考えながら作業しています】

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、皆さん卒業式を19日に控えているので、新型コロナウイルス対策は万全を期しています。学校で6年生全員を11グループに分けていただき、1グループ9名ずつ工事仮設内に順番に入ってもらい、密にならないよう作業してもらいます。

 最初は戸惑っている児童さんも多かったですが、流石6年生!
5_20210319100850d72.jpg 
【慣れてくると、植付けも早くなっていきました 】

 途中からは一気に作業効率があがり、あっという間に写真の様に植付けてくれました。
6_202103191008511cc.jpg
【植付け完了!】
 
 どうしても、芝を張っていくと隙間ができてしまうので、ハサミで芝をカットして植付け作業。もはや、児童の皆さん職人の域に達していますね。
7_20210319100853c63.jpg
【慌てず、サイズ確認ヨシ!】

 このあと本来なら、児童の皆さんに芝の上に土をかぶせてもらう作業をしてもらいたかったのですが、どうしても密集をさけられないので、今回は土木事務所職員と造園業者さんにお手伝いをしていただき、土を敷き均しました。
8_20210319100854ead.jpg
【奥の方では、ロープ柵の準備をしています】

 作業が終わると、児童の皆さんに植付けしていただいた芝は、一時的に土の下に入ってしまい見えなくなりますが、GWの頃には青々とした芝生が見ていただけるはずですので、楽しみにしていてくださいね!
9_2021031910085589c.jpg 
【土の布団を被って、芝もしばらく冬眠です!】

 この芝生再生プロジェクト事業は、愛知県の「あいち森と緑づくり税」のお金をいただいて行っております。その告知を掲示するために従来は、味気ない看板を付けて終わってしまう事が多いのですが、せっかく6年生94名も参加していただくのですから、お力を借りてしまうのが昭和土木事務所!

 広路小学校の先生を通じて児童の皆さんから公園の緑化をイメージした絵を募集していただいたところ、こんなにきれいで上手な絵を3点もいただけたのでご紹介しますね。
10_20210319100857d06.jpg 

11_202103191009009ef.jpg 

12_20210319100902900.jpg 
 公園北角に掲示場所を設置しましたので、3月下旬にこの3点の絵を使わせていただいて、ポスターにして張り出す予定です!

 今回開催にあたり、広路小学校教諭の皆様、工事受注業者の皆様、多数の方のご協力のもと無事開催することができ、職員一同一安心しております。
 4月から中学生になられる児童の皆さんの、小学校生活最後の校外活動となるということで、楽しい思い出の1つとして記憶に残れば良いなと思います。
13_20210319100903650.jpg  
【6年生の皆さん、お疲れ様でした。】

 来年以降もぜひ、昭和土木事務所としては継続プロジェクトとして行けるよう前向きに取り組んでいきますのでよろしくお願いいたします!
 最後になりましたが、広路小学校6年生の皆さん卒業おめでとうございます。4月からの新生活楽しんでくださいね!
14_20210319100904612.jpg

担当:昭和土木事務所

川名公園 全集中!防災の呼吸!


 こんにちは、昭和土木事務所です。

 広路小学校5年生の授業で、11月18日・19日の2日間にわたり、合計71名の児童の皆さんに、公園内の防災施設の説明を行いました。

 防災授業の開催ということで、実際に川名公園を整備していただいた、一般社団法人名古屋市造園建設業協会(以下、名造協)の皆さんにも、施設説明の講師として、ボランティア活動の一環でご参加いただきました。
①

 当日朝に市内に大規模な地震が発生したと想定し、まずは業者さんから土木事務所職員が、被害の状況報告を受けています。そのやりとりを子ども達も真剣に聞いています。
②

 公園の電気が使えないので、これから広域避難所である川名公園に避難してくる市民の皆さんのために、一緒に園内防災施設の設営をしていただきます。

 まずは「かまどベンチ」です。今年は「かまど」という名前のおかげで、子どもたちも、始まる前からそわそわして説明も楽しそうに聞いてくれました。
③

 かまどの炭に炎を灯した時には、歓声があがりました!来年もこの話題で盛り上がれるといいですね。
④

 このかまどベンチは、今回ボランティアで参加していただいている名造協の皆さんから、寄付していただいた物になります。
 その当時は、よもや数年後に講師として、子どもたちに使い方の授業を行うとは思ってもみえなかったでしょうが・・・

 次に、仮設トイレとトイレ用の水を汲むための井戸を組み立てます。
⑤

 井戸を組み立てて、一生懸命2人で呼吸を合わせながら、地下55mから水を汲み上げました。
⑥

 汲み上げた水をバケツに入れて、仮設トイレの貯水槽まで運んで給水します。子どもたちも、「重い!電気が無いと大変だ。」など、お互い色々な感想を話をしながら運んでくれました。
⑦

 トイレの水を流すこと一つをとっても、災害が起きてしまうと、ひと苦労です。普段の何気ない生活を送るのがいかに恵まれているかということも実感できる良い機会になったと思います。

 防災パーゴラは普段は日よけのない状態になっているので、屋根になる幕を張ります。幕にロープが付いているので、みんなで反対側に向かって交代しながら投げました。1回で出来てしまう子もいて、大歓声を浴びて一躍ヒーローに!
⑧

 ロープを反対側に投げたら、引っ張って屋根の上に幕を張ります。
⑨

 屋根も無事取り付いて完了です!皆さまお疲れ様でした。
⑩

 最後に、かまどベンチで沸かしたお湯を利用して、アルファ化米を調理します。アルファ米が入った袋にお湯を注いで、出来上がりを待ちます。
⑪

 見た目は普通の精米と変わらないのに、これが普段食べているご飯にどのようにしてなるのか、大人も子どもも興味津々です。

 出来上がりを待つ間に、防災施設や公園についての質問コーナーを設けました。児童の皆さんは事前学習をしており、「防災の備蓄食料は何日分あるのか?」「公園をなぜここに作ろうと考えたのですか?」等、主催をした土木事務所、区役所の職員も再度考えさせられるような質問を多数いただきました。
⑫
 
 質問が終わる頃には、アルファ化米も美味しくできあがりました。児童の皆さんは、施設設営で疲れたうえに、昼食前ということもあり、「美味しいごはんになった!」と友達同士で楽しみながら味わっていました。
⑬
 
 今回、初めての試みで防災設営授業を行ったところ、児童の皆さんに非常に楽しく設営の方法や、施設の使い方を学んでいただけましたので、今後も継続的に関係公所、各団体のご協力をいただきながら開催したいと考えています。
⑭

 この防災授業が、今後発生すると予想される南海トラフ地震の際に少しでも役に立つことがあれば土木事務所としては喜ばしい限りです!

 ご協力いただいた皆さん、参加していただいた児童の皆さん本当にありがとうございました。来年度以降も、訓練機会があればぜひご参加ください。

担当:昭和土木事務所
どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: