中学生が土木事務所で職場体験!

 令和2年1月16日・17日、23日・24日に、熱田区内の中学生4名が職場体験に来てくれました。

 土木事務所の仕事について、公園の樹木の剪定や道路の工事といったイメージを持っていて、具体的にどんな仕事をしているのか知りたくて土木事務所を選んでくれたそうです。

 実際に土木事務所の業務を見学し、作業の一部を体験しました。


<歩道のデコボコを解消>

 まず事務所でこれから行う作業についてKYT(危険予知訓練)を行いました。
 どんな作業をするのか、どんな事故が予測できるか、事故を起こさないための対策について、みんなで話し合い共有します。中学生の皆さんも積極的に意見をだしてくれました。
 image001_20200206115251ba8.jpg

 歩道(インターロッキングブロック舗装)のデコボコを解消する作業を体験してもらいました。
 最初にデコボコがある歩道ブロックを取り外します。
 image003_20200206115253721.jpg
 
 ブロックが浮き上がる原因となっている根を切って取り出し、ブロックの下の砂地をコテでならし、清掃したブロックを戻していきます。
 image005_2020020611525515f.jpg image007_2020020611525930e.jpg
 image009_20200206115259130.jpg

 最後に転圧をかけて歩道をならしていきます。
 image011_202002061152593c5.jpg

 面積の大きい箇所は転圧機を使用します。転圧機は引っ張る力が強いため、自分の力をかなりかける必要があります。中学生にはこの作業が一番大変だったようです。
 image013_202002061152473f7.jpg

 仕上げにブロックの間を埋めるため砂をかけて終了となります。
 image015_20200206115249b23.jpg


<放置自転車等禁止区域における自転車等の撤去>

 熱田区内には金山をはじめとした自転車等放置禁止区域が5カ所あり、禁止区域に放置された自転車等を即時撤去できます。今回は名鉄神宮前エリアでの撤去作業を体験してもらいました。

 撤去する自転車に札を取り付け、歩道面に撤去したことのお知らせを貼ります。
image017_20200206115253afc.jpg

 放置された自転車等は歩行者の通行支障になるだけでなく、交通事故の原因や、消防車や救急車などの緊急時の活動の支障になります。また、近隣の方々の迷惑になるほか、都市の美観を損ねることにもなりますので、駐輪場の利用をお願いいたします。


<その他>
 現場での作業のほか、道路パトロール車に乗って道路上での工事箇所における安全対策等の巡視、道路工事の現場等の見学をしました。

 二日間の職場体験を終えて、土木事務所の仕事は思っていた以上に奥深かったとの感想も頂きました。この仕事を選んだ理由、やりがいなど率直な質問も沢山あり職員も良い刺激を受けることができました。

 熱田土木事務所では毎年中学生の職場体験学習を受け入れています。学習を通じて土木事務所の業務を知り、道路や公園に対する関心を深めるきっかけになれば嬉しいです。

 担当:熱田土木事務所

神宮東公園でのボランティア活動への感謝②

 神宮東公園の南園では公園愛護会の方に除草や清掃活動等をして頂いています。

 北園では何人かのボランティアの方が除草や清掃活動等を継続的に行ってくださっています。

 北園の一番北側には小さな広場や花菖蒲園があり、地域の方の交流の場として親しまれています。秋には落ち葉が沢山積もる中、清掃活動をして頂いているお陰で、いつでも利用しやすい状態となっています。

 この周辺エリアの除草や清掃活動を暑い夏も寒い冬も継続的に行ってくださっているのは、近所に住むご夫婦の方。
       image001_2020011017301601e.jpg

 落ち葉を集めるための道具もご自身で改良しているそうです。

      image003_202001101730186cf.jpg

 土や小石を除くために箕(み)の底にネット状のものを取り付けたもの。
 熱田神宮の方に作り方を伝授してもらったそうです。
 すごいアイディアグッズですね。

 いろんな方の温かな心に支えられて公園がより快適な場所になっています。
 いつも本当にありがとうございます。

担当:熱田土木事務所

神宮東保育園児たちと植物遊びをしました。

11月5日火曜日午後 今年も神宮東保育園年長児「ぞう組」22名の園児たちが熱田土木事務所に来てくれました。いっしょに植物を使って楽しく遊ぶためです。
   写真1DSCN3542

所長の話のあと、園児たちはさっそく、名付けて「ドングリころころどんぶりこ」のボードを作りました。まず、この遊びを考えた土木事務所職員から作り方の説明を聞きました。
   写真2DSCN3556

思い思いの場所に紙のバリアーをはり付けました。次に、中央の穴に紙コップをはり付けます。かんたんには穴の中へドングリが入らないような場所にバリアーをはり付ける方が、おもしろく遊べるようでした。みんな仲よく助け合って作りました。
   写真3ドングリころころどんぶりこのゲームDSCN3509 (1)

   写真4DSCN3567
つぎに、園児たちは外へ出て、カモがいっぱいいる池のほとりでササ舟を作りました。葉っぱにはおもてとうらでちがいがあることを知りました。ササ舟は、葉っぱのうらを下にした方が浮かびやすいよ。

   写真5DSCN3578
出来上がったササ舟を池に浮かべると、風が吹くたびにスーイッ スィーッと気持よさそうに水の上を走りました。私たちのササ舟が、ひっくりかえらないように向こう岸までつくといいなー。

神宮東保育園の皆さん、これから秋が深まると、木の葉っぱがいっぱい落ちたりして楽しく遊べるよ。また来てねー。

担当:熱田土木事務所

熱田区旗屋小学校三年生の校外学習です

     image001_20191108094844606.jpg
 10月24日(木)午前 キンモクセイの香りが漂う神宮東公園へ旗屋小学校三年生85名の児童たちが校外学習に来てくれました。所長から土木事務所の仕事を聞いてから学習場所へ向かいました。

     image003_20191108094841b96.jpg
 担当者が遊具点検の方法や注意点などを説明しました。児童から自分たちが使う遊具なので心配になったのか、遊具の寿命がどれくらいかとの質問も出ました。点検と修繕をすれば長く使えることを聞いて少し安心した表情も。

     image005_20191108094846e01.jpg
 緑地補修班のトリマーによる刈込、高枝のこぎりによる剪定の実演を見てもらいました。大木を目の前にして、伐採した時の木の倒れる方向を心配する質問や剪定した枝の処理方法など環境に配慮していることをうかがわせる質問などたくさん出て班長が答えるのに大変でした。

     image007_20191108094847f9f.jpg
 最後のメニューとしてハナショウブ園の除草作業を行いました。カエルや昆虫が現れて児童たちの興味を引きました。旗屋小学校三年生の皆さんには三年連続でハナショウブ園の草取りをしてもらっています。おかげでハナショウブの生育がずいぶんよくなってきました。ありがとうございます。

     image011_2019110809484326d.jpg
 質問は尽きませんでしたが、維持係長が締めくくり校外学習を終えました。
旗屋小学校の皆さん、また神宮東公園へ遊びに来てください。

担当:熱田土木事務所

ユリの開花とボランティア「おたっしゃクラブ」の皆さん

 神宮東公園の花壇で、ボランティアのかたがたが一年中美しい花々を咲かせてくださっています。今回はユリがよく咲いたので紹介します。ユリの球根は前の年に千種公園で咲いていたものをゆずってもらいました。
  image001_201906141600485a7.jpg
           よく咲いたユリの前で「おたっしゃクラブ」メンバーの記念写真 
                 90歳代から若い方まで活動されています。

 この皆さんは、神宮東公園を散歩などで訪れている方々が、5年ほど前から自然発生的に花壇の手入れをして下さるようになったものです。パンジー、ヒマワリ、コスモスなど季節に合わせて色とりどりの草花の苗を自分たちで用意して植えて下さっています。


  image003_20190614160045de0.jpg
                パンジーの間にユリの球根を植え付け中です。
 

  image005_20190614160047dd9.jpg
        ユリの間には次に咲かせる予定のヒマワリの種がまいてあります。

 ゆるい集まりですが、かえってゆったり、まったりと活動されていて、一緒に話をさせていただいていても心がなごみます。
 これからも、お元気で末永く活動してくださると思います。
 皆さん、ありがとうございます。

 担当:熱田土木事務所

中学生が土木事務所で職場体験!

平成31年1月17日・18日、24日・25日に、熱田区内の2つの中学校の生徒さんが職場体験にみえました。

土木事務所の仕事について、公園の樹木の剪定や道路の工事といったイメージを持っていたようです。

実際に土木事務所の業務を見学し、作業の一部を体験しました。

<公園での剪定作業> 
スイフヨウの剪定体験では、まず高さの基準とする幹を決め、全体の形をそろえながら剪定していきます。幹の細いものは剪定ばさみ、太いものはノコギリを使って作業します。持ち方やチカラのかけ方等ポイントを教わりながら丁寧に剪定をしてくれました。

その後ショウブ園の雑草取りも体験。寒い中、腰をかがめた姿勢での作業は大変だったようです。冬の間に手入れをすることで、暖かくなったらまた綺麗な花を咲かせてくれます。楽しみですね。

image001_20190205112817158.jpgimage003_20190205112821325.jpg

<自転車等放置禁止区域標示板の設置作業>
熱田区内には金山をはじめとした自転車等放置禁止区域が5カ所あり、その区域を歩道上にも標示しています。今回は神宮前エリアで標示板の設置作業を体験しました。
まずは、路面にあるブロック舗装の一部を取り外し、底を均(なら)していきます。次に標示板を真ん中に設置し、セメントを入れて固定します。慣れない工具を上手く使いながら一生懸命作業をしてくれました。
image005_201902051128164e9.jpg

image008_20190205112816196.jpg image010_2019020511281323a.jpg


<その他> 
現場での作業のほか、放置自転車等禁止区域における自転車等の撤去、道路パトロール車に乗って道路上での工事箇所における安全対策等の巡視、道路工事の現場等の見学をしました。

熱田土木事務所では毎年中学生の職場体験学習を受け入れています。学習を通じて土木事務所の業務を知り、道路や公園に対する関心を深めていただければ嬉しいと思っています。



担当:熱田土木事務所





高蔵遺跡第60次発掘調査説明会

高蔵公園では、地元と一緒に再整備計画を作り、平成29年度からの3か年計画で公園整備工事を進めています。
平成30年11月23日(金・祝)、「高蔵遺跡第60次発掘調査説明会」(教育委員会文化財保護室主催)が実施されました。

高蔵公園一帯には「高蔵遺跡」と呼ばれる弥生時代からの遺跡が見つかっています。公園内にも古墳(埋蔵文化財登録されているのは1号墳・5号墳・7号墳の3つの古墳)や環濠(かんごう‥周囲に堀を巡らせた状態)が残っており、紀元前から熱田台地に人々が暮らしていたと考えられています。
今回、高蔵公園の再整備工事に先立ち、埋蔵文化財の持つ歴史情報を後世に残すため文化財保護室に依頼して、掘削等を行う箇所の発掘調査を実施しました。過去の調査の結果を踏まえながら、学芸員の指導のもと調査が進められ、新たな古墳(8号墳(仮))も発見されました。

説明会は、学芸員の解説で、5号墳付近の遺構、7号墳の石室の石積み、新規発見の8号墳(仮)の発掘現場などをご覧いただきました。

マップ 訂正版 

当日は小学生から年配の方まで約250人もの多くの方が見学に来てくれました。

image004_201812141502456d8.jpg
見学者のみなさま

まず初めに、昨年度の調査で見つかった7号墳で、地中に残る石室の一部をご覧いただきました。7号墳は横穴式石室をもつ円墳で、実際に石が積み上がって壁状になっている様子を見ることができます。
「小さい頃ここでよく遊んだ。そんな場所に古墳があったなんて!」と驚いている方もいて、みなさま興味深く見学されていました。

image006_201812141502468dd.jpg
7号墳の様子

次に8号墳(仮)の現場です。8号墳(仮)は今年度の調査で新たに発見された円墳です。「地表に現れていた石から推測し、発掘したら新たな古墳だった」という学芸員の説明に、皆さん興味深そうに耳を傾けていました。

image008_20181214150248cca.jpg
8号墳(仮)の見学の様子

最後に5号墳付近の発掘現場をご覧いただきました。5号墳は、公園の南東側に位置しており、今でもわずかな土の盛り上がりが確認できます。調査の結果、この古墳は方墳の可能性が高いということが分かりました。
墳丘の周りにめぐらされた遺構からは今回調査で土器片も出土し、その状況を直接見ることが出来て、皆さん興味津々な様子でした。はにわや熱田神宮の遺跡の瓦と同一の模様の瓦が出てきたという説明に驚いていました。

doki.png
    
今回の説明会を通じて、地元の方々の高蔵遺跡への関心の高さが伺えました。
「自分たちの身近にこんな古くからの遺跡があったんだ」と驚いている方もいて、高蔵遺跡を知っていただくとても有意義な機会になりました。

学芸員いわく「高蔵遺跡は全国的に有名でかつ貴重な遺跡」とのこと。公園の再整備計画では「高蔵の歴史とみどりがみんなを結び楽しめる公園」を目標としており、遺跡を伝える施設(案内板等)の整備を予定しています。引き続き、文化財保護室や地元の皆さんと協力して、高蔵の歴史を高蔵公園の魅力向上に生かしていきたいと思います。

緑地事業課
熱田土木事務所

神宮東公園でのボランティア活動への感謝①

神宮東公園の南園では公園愛護会の方に除草や清掃活動等をして頂いています。

北園では公園愛護会はありませんが、何人かのボランティアの方が除草や清掃活動等を行ってくださっています。

「神宮東公園前」交差点の北園入口にある花壇もそんなボランティアの方によっていつもきれいな花が咲いています。

11月のある晴れた日に80株のパンジーの苗を植えてくださいました。
image001_20181119151816e2b.jpg

苗は産地のものを直接通販で購入してくださっているとのこと。
その方が枯れにくくて元気に育つそうです。

「花壇に花がないとごみが捨てられるから」
「きれいな花が咲いているとやっぱりよいから」

1年半ほど前から週に1回程度水やりや除草もしてくださっているそうです。花壇の土が固くなったと聞いたので、今回土木事務所の職員が土の入れ替えを行いました。
image003_20181119151819ba3.jpg

image005_20181119151818ffb.jpg
パンジーを植えてくださった皆さま

1週間経って花壇を見に行ってみると
image007_2018111915182104a.jpg


可愛らしいケイトウの花が加わりさらに彩りが増していました。
道路を行き交う方も立ち止まって、花を見ながらお話しされたりしていました。
 

いつも皆さまの温かい心を感じています。
本当にありがとうございます。




担当:熱田土木事務所





どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。