ひょうたん山?

今年から守山区で働き始めたものです。

守山区には名鉄瀬戸線に「瓢箪山(ひょうたんやま)」駅があります。

 1_無害化済

交差点名も「ひょうたん山」。

 2_無害化済

ひょっこりひょうたん島世代?の私的には、
縁起のいいシャレた名前だなあと思っていたのですが、
気になったので調べてみると、、、

ひょうたん山の由来は、
元々この地域にある古墳をひょうたん山と呼んでいて、
それが地名となり、駅名となったそうです。

そして、そのひょうたん山なる古墳は、
当事務所所管のひょうたん山公園にあるらしいじゃないですか!!

急ぎ駆けつけました。

 3_操作履歴記録

一見すると森なんですが、

公園内に古墳の説明がありました。

 4_操作履歴記録

教育委員会が言うんだから間違いないですね。

国土地理院の陰影起伏図で確認すると、
確かに前方後円墳らしき形状が浮かび上がります!

 5_操作履歴記録
 出展:国土地理院

確かに前方後円墳ってひょうたん型かも?!

 6_操作履歴記録
 (所内にあった手作り金瓢箪)

昔の人は素敵な名前を付けたものですね。

さて、
正式名称は「守山瓢箪山古墳」で、
市の史跡にも指定されている由緒ある古墳だそうです。
守山区には志段味地区の歴史の里に
たくさんの古墳が現存していますが、
他にもいろいろあるのですねえ。

また、守山区のことが好きになった私でした。
今日もお仕事頑張るぞ!


担当:守山土木事務所



道路アンダーパスの点検

 6月から始まる出水期を前に、守山区内の重要箇所の確認・点検を進めています。守山区には道路アンダーパス(鉄道や道路の下をくぐる道路)が4カ所あり、5月23日に川西1丁目にある神守アンダーパスの点検をしました。
 道路アンダーパスは、信号や踏切がなく普段の移動には大変便利ですが、豪雨が降ると雨水の排水が追い付かず、浸水してしまいます。
 水深が約15cmを超えると「通行止め」の表示が出ますが、より判りやすくするため「エアー遮断機」が自動で大きく膨らんで、車の行く手を遮るようにします。
 今日は点検業者と市職員でエアー遮断機が確実に膨らむかなど確認しました。今後も区内の様々な重要箇所を確認・点検し、豪雨時に防災・減災ができるようしっかり取り組んでいきます。

 1‗2_無害化済

 なお、道路アンダーパスなどのカメラ画像等は、インターネットの「道路・河川等監視情報システム」で確認できます。

「道路・河川等監視情報システム」

 3_無害化済
 カメラ画像

担当:守山土木事務所

八竜緑地自然観察会

 4月になり、暖かく過ごしやすい季節になりました。

 そんな気持ちのいい季節に守山土木事務所では、「春の八竜緑地自然観察会」を4月9日(土)と10日(日)で開催しました。

 この観察会は、緑のパートナーである「水源の森と八竜湿地を守る会」の皆様のご協力のもと開催しております。
 日ごろから八竜緑地の自然保護活動をしていただきありがとうございます。

 この観察会は、毎年春と秋に開催していますが、今年は、愛知県で発令されていた「まん延防止等重点措置」が解除されて、すぐの開催だったためか、例年より多くの方々からご応募いただきました。(抽選で外れた方ごめんなさい。次回のご応募お待ちしています!)

 当日は、八竜緑地に近い壇ノ浦公園に集合し、みなさん、感染症対策にご協力いただき、観察会をスタートです。

 1_無害化済

 気温は、20度をはるかに超え、登り坂を歩くと熱いぐらいですが、木々が青々とした八竜緑地に入るとひんやりして、空気が清々しいです。


 八竜緑地では、この時期「ハルリンドウ」と「コバノミツバツツジ」、「マメナシ」が見ごろを迎えていました。

 2_無害化済
         ハルリンドウ     
                
 3_無害化済 
         コバノミツバツツジ

 4_無害化済
         マメナシ

 道中、「水源の森と八竜湿地を守る会」の皆様の解説のもと、15分ほど歩くと八竜湿地に到着しました。

 八竜湿地の一部は、自然保護を目的に普段フェンスで囲われていますが、この観察会ではフェンスのなかに入り、貴重な自然を間近に観察することができます。 

 5_無害化済



 湿地の観察のあとは、こちらも希少種である「トウカイコモウセンゴケ」の群生地を観察します。

 この「トウカイコモウセンゴケ」も貴重な植物で食虫植物なんです。

 6_無害化済
            トウカイコモウセンゴケ

 熱いなかでしたが、体調が悪くなる参加者の方もおらず、無事観察会を終えることができました。

 この観察会は、秋にも開催する予定です。秋は「シラタマホシクサ」や「マメナシ」の実が観察できると思います。是非、参加してみてくださいね。

~ お 願 い ~

 八竜緑地はフェンスで囲われたところ以外は自由に散策できますが、特別緑地保全地区に指定しており、「水源の森と八竜湿地を守る会」はじめ多くの皆様のご協力で緑地が保全されています。くれぐれもマナーを守って散策してくださいね。
 また、緑地保全の観点から、緑地内に照明はありません。暗がりでは、危険な個所もありますから、夜間の散策は控えてくださいね。

担当:守山土木事務所

 

小幡駅前花壇の花苗はどこから来たの? えっ、すごい!

 苗代小学校3年生のみんなと名鉄小幡駅前の花壇にパンジーとノースポールの花苗を植えました。
 市民の協力をいただき、花を育てているところはたくさんありますが、小幡駅前花壇は、一味違います。
 なんと、毎年、3年生の子どもたちが小さな種から花苗を育てているんです!
 image002_202112201855051a6.png
 学校から紙袋に入れて持ってきてくれた花苗です。よく育ってますね~

 ということで、今年1年間の活動を振り返ってみましょう。

★9月
 まずは、セルトレイ(小部屋に仕切られた入れもの)に種を播きました。
 image004_20211220185507fb1.png image006_202112201855029c3.png
 小さな種ですが、子どもたちは上手に竹串を使って播いていきます。
 芽が出るか少し不安だけど、楽しみですね~
 子どもたちが交代で水やりをして、大切に育ててくれました。

 本葉が出てきたら、更に苗を大きく育てるために、セルトレイからポリポット(ビニール製の小鉢)への植え替え(ポット上げ)の時期です。

★10月
 やり方の説明を聞いて、さっそく、取り掛かります。
 みんな真剣ですね~
 image008_202112211501335ba.png image010_2021122018585392e.png
 ポリポットに用土(堆肥と砂を混ぜたもの)を入れ、植穴をあけ、セルトレイから抜き取った苗を植えたら、周りの土を押さえます。
 image012_20211220185855beb.png image014_20211220185848f89.png
 まだ苗が細いので、最初は、みんな慎重に作業していましたが、すぐに慣れて、あっという間に、1,300ものポット苗ができました!
 「もっとやりたい!」との声もありましたが、残念ながら、用意した土が無くなり、終了です。
 引き続き、子どもたちが苗のお世話をしてくれます。

★12月
 花苗が太く育ってきたところで、いよいよ、小幡駅前の花壇へ植付けです。
 植え方の説明を受けたら、クラスごとに分かれて、植付け開始です。

 背の高くなるノースポールを奥に、パンジーを手前に植えていきます。
 image016_20211220185851dea.png image018_20211220185852932.png 
 何もなかった花壇に、花苗がどんどん植わっていきます!

 最後に、子どもたちが描いた花壇の紹介看板を設置して、完成です!
  image020_20211220190203e72.png image022_202112201902054b4.png
 無事に植え付け作業を終えることができました。
 皆様、ご協力ありがとうございます。

 来春には、きれいな花を咲かせて、街ゆく人を楽しませてくれるでしょう♡
 image024_20211220190206d5d.png image026_2021122019020395a.png
 ↑去年植えた花苗は、見事に花を咲かせました!(令和3年4月撮影)

 この取り組みは、平成19年度から苗代小学校、苗代学区の皆様、花づくり名人(緑のパートナー)、公益財団法人名古屋市みどりの協会、守山土木事務所が協力して行っています。

 担当:守山土木事務所

春の八竜緑地自然観察会を開催しました!

 昨年度は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言によって中止となってしまった「春の八竜緑地自然観察会」ですが、今年度は感染予防を行いながら開催することができました。令和3年4月10日(土)、11日(日)の両日ともに多数の応募をいただき、好天にも恵まれ、春らしい爽やかな観察会が行われました。
 image002 (3)
 ▲普段は入る事ができない八竜緑地の湿地

 image004 (2)
 ▲トウカイコモウセンゴケの群落

 春の八竜緑地では、ハルリンドウ、マメナシ、コバノミツバツツジなどの花々が一斉に咲き、新緑と相まって1年の中でもとても鮮やかな湿地となります。
 
           image007 (2)
 ▲ハルリンドウ▶
    (4月1日撮影)


 マメナシ(4月1日撮影)▶image009 (1)
image011 (1)
 ▲コバノミツバツツジ(4月1日撮影)

 ご存じの通り今年は春の訪れが一段と早く、花たちも3月末~4月初めには満開となったため、観察会当日の花たちは少し落ち着いてしまいましたが、トウカイコモウセンゴケが蝶を捕獲していたり、希少な変異種の白いハルリンドウなども咲いており、珍しい自然に接する事ができ、参加者を魅了していました。

 ▼白いハルリンドウ
image015 (1)image013 (1)
 ▲蝶を捕獲したトウカイコモウセンゴケ
    (写真中央黄色い蝶)

 八竜緑地は市内で数少なくなった貴重な湿地性の植物が生息しており、「八竜湿地と水源の森を守る会」を始めとする皆さんの保全活動によって環境が守られています。
 多くの人に八竜緑地の魅力を知ってもらうため4月と9月にこのような自然観察会を実施していますので、次回観察会への参加をお待ちしております。

担当:守山土木事務所

アンダーパスにエアー遮断機を設置しました!

 近年、集中豪雨などにより冠水したアンダーパスに車両が進入して、水没する被害が発生しています。 

 名古屋市では、アンダーパス入り口に「道路情報装置」を設置し、「通行注意」(冠水5cm)や「通行止め」(冠水15cm)を表示して、安全確保に努めていますが、守山区幸心四丁目地内の「幸心四丁目・JR線アンダーパス」でも、過去に冠水により通行止めを行っています。

image001_20210323103234829.png
 冠水により通行不能となりました。

 このような状況を踏まえ、幸心四丁目・JR線アンダーパスの入り口部分に、守山区内では3箇所目となる「エアー遮断機」を設置しました。
 エアー遮断機は、冠水時に車両の誤進入を防ぐためのものです。アンダーパスの最下部にあるセンサーが水位を感知して、水位が上がるとバルーン状の遮断機が飛び出す仕組みになっています。

 3月15日に稼働試験を行いましたので、その様子をお知らせします。

image003_2021032310323681b.png
 試験のため、手動でセンサーを反応させます。晴れているので見えづらいですが、「通行止め」とLEDで表示されています。
 赤い回転灯も回ります。

image005_20210323103238ddb.png
 「通行止め」表示から一定時間たつと、ボックスがパカっと開いて、バルーンが出てきます。

image007_202103231032391f2.png
 バルーンが膨らみ、動作完了です。エアー遮断機はあくまで一時的な「つなぎ」の通行止めですので、実際には職員等が出動し、バリケード等により閉鎖します。

 稼働試験により、正常に作動することを確認しました。
 こうした対策が、冠水した際の被害の軽減に繋がることを願っています。

担当:守山土木事務所

蛭池のマメナシ

 マメナシという木を知っていますか?

 マメナシはバラ科ナシ属の落葉広葉樹です。
 高さは8~10mほどになり、葉は広卵形から卵状長楕円形で、長さが4~9cmになります。
 開花時期は4月上旬で、直径2.5cmほどのサクラに似た白い花をつけます。
 果実は黄褐色の直径1cmほどで、円形の小さな皮目が多数あります。ちっちゃいナシみたいな見た目で、食べることはできますが、渋みがあり、美味しいものではありません。
image001_20210210105527782.png 
         木                  花                 果実

 日本では、伊勢湾周辺の丘陵地・台地の湧水湿地に生息する貴重な植物で、愛知県のレッドデータブックで絶滅危惧種ⅠA類に記載されています。日照と湿潤な土壌を好む性質のため、ため池の周囲や緩やかな谷湿地に自生し、守山区はその分布の中心です。
 守山区御膳洞にある蛭池の周囲は、マメナシの数少ない自生地の一つで、株数では日本最大級を誇り、成木のほか多くの実生(みしょう)も確認されています。

 蛭池では、「蛭池のマメナシを守る会(以下、守る会)」がマメナシの育成とため池の保全のために日々活動しています。
 今回は、守る会と守山区役所地域力推進室の協力により、蛭池にマメナシを紹介する案内看板を設置しました。
image004_20210210105524341.png
 蛭池では、守る会のご尽力により、四季折々の自然を感じながら気持ちよく散策を楽しむことができます。令和3年4月6日(火)には「マメナシのお花見&観察会」も予定されています。
 ご興味を持たれた方は、マメナシを始めとした自然を観察しに来てくださいね!
image005_20210210105526951.png
        【お願い】
        蛭池には駐車場がありません。
        お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

担当:守山土木事務所

苗代小3年生のみんなと小幡駅前に花を植えました!

 苗代小学校3年生のみんなと名鉄小幡駅前の花壇にパンジーとノースポールの花苗を植えました。
 来春には、きれいな花を咲かせて、みなさまを楽しませてくれるでしょう♡
image001_20201224134046bfd.jpgimage002_202012241340538ff.jpg
 ↑去年植えた花苗は、見事に花を咲かせました!(令和2年5月撮影)

 この取り組みは、平成19年度から苗代小学校、花づくり名人(緑のパートナー)、公益財団法人名古屋市みどりの協会、守山土木事務所が協力して行っています。

 さて、今年1年間の活動を振り返ってみましょう。
★9月
 まずは、セルトレイ(小部屋に仕切られた入れもの)に種を播きました。
image003_20201224134053c4d.jpgimage004_20201224134053b93.jpg
 こんなに小さな種だって、子どもたちは上手に竹串を使って播いていきます。
 芽が出るか少し不安だけど、楽しみですね~
 子どもたちが交代で水やりをして、大事に育ててくれました。

 本葉が出てきたら、そろそろポット上げの時期です。
★11月
 更に苗を大きく育てるために、セルトレイからポリポット(ビニール製の小鉢)へ植え替え(ポット上げ)をします。
image005_202012241340532a3.jpg
 ポリポットに用土(堆肥と砂を混ぜたもの)を入れ、植穴をあけます。
image006_202012241340542ab.jpg
 セルトレイから抜き取った苗を植えたら、周りの土を押さえ固定します。
 まだ、苗が細いので、みんな慎重に作業しています(汗)。
image007_20201224134111f72.jpgimage008_20201224134100a5d.jpg
 最後に、ポットのふちに化成肥料を入れたら完成です。
 時々、小雨の降る天気でしたが、たくさんのポット苗ができました!
 引き続き、子どもたちが苗のお世話をしてくれます。
★12月
 花苗が太く育ってきたところで、いよいよ、小幡駅前の花壇への植付けです。
 みどりの協会の方から植え方の説明を受けたら、クラスごとに分かれて、植付け開始です。
image009_20201224134111ff6.jpgimage010_20201224134110064.jpg
 背の高くなるノースポールを奥に、パンジーを手前に植えていきます。
 650株余りの花苗がどんどん植わっていきます!
image011_20201224134111cc7.jpgimage012_202012241341104ca.jpg
 最後に、子どもたちが描いた花壇の紹介看板を設置して、完成です!

 寒い日でしたが、苗代学区の地域の皆様や花づくり名人(緑のパートナー)にご協力いただきながら、無事に植え付け作業を終えることができました。
 ありがとうございます。

 来年の春、花いっぱいになるのが、今から楽しみです♡ 乞うご期待!

担当:守山土木事務所
どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: