『守山土木事務所の仕事』出前授業in苗代小学校


7月11日(水)苗代小学校3年生136名の児童のみなさんに、体育館をお借りして『守山土木事務所の仕事』のお話をしてきました。苗代小学校とは、平成19年度から小幡駅前花壇に花苗を植え付ける協働事業を行っており、その縁で平成20年度より出前授業を始め、今年で11回目となります。

300726 ①

普段はあまり馴染みのない土木事務所の仕事について、分かりやすいようにスライドを使って説明をしていきました。

『守山土木事務所の仕事』
300726 ②
1.安全な交通のために
2.水に強いまちづくりのために                     
3.市民生活を守るために
4.うるおいのある生活のために

説明の合間に苗代小学校のみなさんにいろいろ質問したところ、積極的に手を挙げて答えてくれました。
・道路パトロールカーを見たことありますか~?
・小幡駅前に自転車をとめてはいけないことを知っていますか~?
・この花の名前はわかりますか~?

300726 ③

先日、日本各地で大雨が降り、川から水があふれて人が亡くなるなどの多くの被害がありましたが、そういった災害や事故が少しでも減らせるよう土木事務所では日々仕事をしていることが分かってもらえたと思います。
また緑政土木局補修班のイメージキャラクター「どりょくん」に意外なほど興味を持ってもらい、土木事務所に親しんでもらうきっかけになりよかったです。

・守山区のみなさんが気持ちよく生活できるようにがんばります!
・道路パトロールカーを見かけたら、手を振ってくださいね!
・これからも一緒に“花壇づくり”よろしくお願いします!

・今後の苗代小学校との協働事業(予定)
9月種まき、10月ポットあげ、12月小幡駅前街園にて植え付け

300726 ④ 300726 ⑤


★積極的な若者が来た! インターンシップ就業体験

★7月3日(火)~5日(木)雨降り続く3日間、今年も守山土木事務所に名古屋市立工芸高校の生徒さんが就業体験に来てくれました。

①

★道路パトロールでは路面のはがれを発見し修復、放置自転車に注意札をつけたり、百合が丘街園の花壇作り、自転車整理、松川橋緑地の除草、警察署&消防署への事務連絡に同行、工事現場巡視、側溝清掃などなど、かなり実習作業は盛りだくさん・・・。生徒さんは、どの現場でも疑問に思ったことへの“食いつき方”がとても良くて、その積極的な姿勢に職員一同、見習うべきものがありました。
★現場で職員が「今日は何時まで?」と聞くと、「本当は5時30分ですが、6時まで大丈夫です!」と即答し、一同大爆笑!現場を和ませてもらいました(笑)

②

★「名古屋市職員を目指すので、いろいろやってみたいんです!」ということで、短い期間でしたがこの経験を将来、役立てていただけると良いなあ~と思います。お疲れ様でした!(アスファルト補修材の搬入手伝いも有難うございました!)

土木事務所に講演会の依頼が来た! 大森コミセンにて

★7月2日(月)大森学区老人クラブ連合会からの依頼により、学区の環境整備事業の一環として、土木事務所のお仕事に関する講演をしてほしいとの願ってもないお話でした。“土木のPRチャンス!”とばかりに、所長以下職員6名参加で、スライド描写を駆使して日頃の私たちの活動を説明して参りました。
image001_2018070917124729a.jpg image003_20180709171246049.jpg

★講演会は二部構成で、第一部は私たち土木事務所が担当、第二部は保健師さんの健康講話として、暑い中ではありましたが、学区役員の皆様方のご尽力もあり、50名余りという多くの方々に、熱心にご参加頂けました。

★「実は公園が土木事務所さんの管理なのかどうか?もよくわからない・・・という方もみえる状況なんです」という、正直なご依頼の中で、土木事務所の日頃の活動を説明させていただきました。


★公園愛護会、街路樹愛護会についても説明させていただき、大森学区には7つの公園があり、公園愛護会の活動でもご協力いただいていますが、愛護会が設立されていない公園もありますので、ご参加の皆様、またそのほかの方々にも地域の皆様の中で、愛護会にご興味をお持ちいただければ、ご相談させていただきたいと思いますので今後ともよろしくお願い致します。

安全のため通行止め どりょくん

 
★ 講演会終盤の質疑応答では・・・質問がバンバン!飛び交いました!!
吹き出し

        
★若干、土木事務所の管轄ではない質問もありましたが、暮らしの中で起こる様々なお困りごと、「これは、どこに相談するんだろう?」という疑問も含めて、少しでも解決するお手伝いが出来ればと思います。土木事務所のPRをさせていただく貴重な機会を頂戴し、有難うございました。今後ともよろしくお願い致します。    




担当:守山土木事務所





タイムカプセル開けました! 雨池公園桜まつりにて展示

★4月7日(土)雨池公園桜まつりにて、30年前(昭和63年3月)に埋めたタイムカプセルの中身の展示を行いました。昨年度より大森北学区連絡協議会の皆様、大森商工会の方、大森北小学校、区役所地域力推進室と準備会を立ち上げ、検討を進めて参りました。

★雨池公園は『学校公園』という新しい概念で、学校と公園が一体化した形で垣根がなく、地域のみんなで子供たちを支えるという考えに基づいた公園です。

★名古屋市の都市公園で、1000公園目の記念として雨池公園が選ばれ、公園内に石碑を設け、その中にタイムカプセルを入れました。またその中の湿気、光を遮断できるフィルムパックの中に多数の資料が入っていました。当時の写真、ネガ、若宮公園や名城公園で開催されていた『緑花祭なごや‘88』に関するグッズ、公式ガイドブック、はっぴなどを展示しました。
1_20180417114616660.jpg

image007_20180417114618458.jpg image009_20180417114947edf.jpg

image015_20180417114949f7b.jpg image017_201804171146104f3.jpg

 
★30年前の写真と現在の写真を比較したり、30年前に流行したものを書いたファイルも作り、大森北小学校所有が所有している、当時の児童が写った校庭での航空写真も複製展示。『こういう航空写真ってあったよね~』と大盛り上がり。自分を探し、先生の姿を探しました。

★今年の桜は散ってしまっていたけれども昔の人も言っています。『花は盛りを、月は隈なきをのみ見るものかは・・・』桜は散ってしまっても見どころがないわけではなく、移ろう景色に思いをはせることこそ、風情がある。タイムカプセルを埋めた30年前の桜はどんなものであったのでしょうか?
3_20180417114617835.jpg

☆また、当日来場された方に『こんな公園が好き、この遊具が好き』という項目でアンケートを実施しました。付箋にご意見を頂戴し、展示終了頃には色とりどりのたくさんのりんごの実を付けました!“桜が好き!”“たくさんのお花が咲いている公園”“大人気のターザンロープ”“子供からお年寄りまで一緒に安全に遊べる公園”などなど。
image024_2018041711461349a.jpg image026_20180417114614bb1.jpg

☆多くの皆様にご来場いただき有難うございました。今年の桜はいつの間にか満開になったような気がします。展示当日はかなり寒く、春の気候は毎年同じものがないようです。有名な詩に『花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かれど、風も吹くなり、雲も光るなり・・・』とあります。今年はタイムカプセルの展示という特別な始まりとなりました。私たち、守山土木事務所は今年度も、お仕事頑張ります!     




担当:守山土木事務所




中学生の就業体験!!

1_20180214095818ea6.jpg

2_20180214095819c24.jpg
★1月30日(火)~31日(水)守山土木事務所に名古屋市立守山中学校の2年生生徒さん2名が就業体験に来てくれました。体験するメニューはたくさんあります・・・道路パトロール、公園での落ち葉集め、自転車整理、道路や公園の建設現場の視察、防草シート貼り。

3_2018021409581328d.jpg 4_20180214095815b6d.jpg

5_2018021409581626a.jpg
  
★就業体験を終えて、『初めてのことばかりで大変なところもありましたが、外で働くことが好きなので、経験出来て良かったです。』と感想をいただきました。
★慣れないことばかりで、緊張もあったと思いますが、これからも明るく元気に取り組んでいっていただければよいかなあと思います。守山土木事務所の優しいおじさん&おばさんは『何年か後に一緒に働こうね!待ってるよ~!』と思った次第であります。
                     



担当:守山土木事務所






苗代小学校の皆さんと、小幡駅前の花壇に花苗を植えました

苗代小学校3年生のみなさんと、地域で花壇づくりをしている方、みどりの協会、土木事務所で、名鉄小幡駅前の花壇に花苗を植付けました。
今回植えたのは、春に色とりどりの花を咲かせるパンジーと、キクのような白い花のノースポール約700株です。

image001_20171221181641212.jpg image002_20171221181648359.jpg
  ↑冬~春花壇の定番 パンジー      ↑丈夫で育てやすいノースポール


この活動は、苗代小学校3年生が授業の一環で行っており、10年前から続いているものです。
今年は9月に種をまき、10月にポット上げ(成長した苗の引越し)を行い、12月の植付けという流れで作業を行いました。今回で9月からの活動が一通り終わりましたので、これまでの様子を簡単に振り返りたいと思います。

○種まき 9月5日
はじめに、種まきの方法について勉強し、続いて種まき作業をしていきます。
種は両種類ともとても小さく、どこまでまいたか分からなくなってしまうほど。みんなで手分けして、パンジー2,000粒、ノースポール1,000粒の種をセルトレイ(種まきに使う、小部屋に仕切られたお皿)に一粒ずつまきました。
1~2週間で芽が出てきますが、その期間に土を乾かさないようにすること、芽が出たらなるべく日に当てることが重要!これが後々の成長に影響します。
image007_20171221181643300.jpg


○ポット上げ 10月24日
種まきから2か月近くがたち、セルトレイも狭くなってきたので、お店にも売っている見慣れた苗の状態にすべく、ポリポット(育苗用として一時的に利用する、塩化ビニール製のポット)への引越し作業を行いました。
まだ弱々しく見える苗もありましたが、セルトレイから押出すように抜くと、根にからんだ土ごとズボッときれいに取れ、それを1本ずつ土を入れたポリポットへ移動していきます。 
最後に、肥料を入れれば完成です。12月の植付けまであと一息、元気な苗に育てていきます。
image009_20171221181649a03.jpg

image011_2017122118165016b.jpg←ポリポットに引越し完了


○植付け 12月12日
約3か月にわたり、大切に育ててきた苗もいよいよ花壇デビュー。3,000粒まいた種から、約700株が無事に育ち、この日に植付けることができました。
風が強くとても寒い日でしたが、いつものメンバーに加えて苗代学区の役員の方も参加していただきました。
まずは苗を植える穴を掘ります。かじかむ手で沢山の穴を掘るのは、少し大変だったかも。そこに苗を植付けていきます。咲いた時にきれいに見えるよう、互い違いに植えるのがポイント。
image014_20171221181644228.jpg


このように種から育てた苗を、無事に植付けることができました。春にはきれいに咲き、駅前を歩く人の目を楽しませてくれると思います。皆さんにも、苗を頑張って育てた小学生のことを思い浮かべながら、見ていただければ幸いです。
image016_2017122118164610a.jpg





担当:守山土木事務所





「愛護会のつどい」を開催しました

10月31日(火)、守山区内にある東谷山フルーツパークで「愛護会のつどい」が開催されました。

これは守山区内に84団体ある公園・街路樹愛護会を対象に、日頃の活動への謝意を伝えるとともに、愛護会団体内における活動の悩みや工夫点を他の団体と共有することによって、今後の活動に対する原動力を生み出すことを目的としたものです。

当日は17団体22人の方々に参加いただき、まずは東谷山フルーツパークの職員による果樹についての説明を受けながら園内散策しました。

image001_201711211636026d8.jpg
「果物等をいろいろ見られ、説明も受けて参考になった。」
「フルーツの苗木に接ぎ木をするとか、虫がつく等の勉強ができた。」
さわやかな秋晴れの中、皆さん熱心に聞き入っておられました。

30分ほどで散策を終え、その後は外部から先生をお招きして3つのグループに分かれてワークショップを行いました。お題は愛護会活動で「工夫されていること」、「嬉しいこと、良いこと」、「何か困っていること」の3つでした。

image003_20171121163607b1d.jpg
先生によるワークショップの様子です。
image005_20171121163604e22.jpg
「(活動を長続きさせるために)参加の強制はしない。」
「清掃活動中に『いつもありがとう』と聞くとうれしくなる。」
「犬猫の糞に困っています。」
など、いろいろ意見交換ができたようです。

image007_2017112116360517d.jpg 
グループ内で考えがまとまりました。

image009_20171121163608442.jpg
最後に3グループそれぞれが皆の前で発表しました。

2時間という限られた時間でしたが、他の愛護会の様子や参考になる意見が聞けたり、自分たちと同じ悩みがあることを知って安心したり……。次回もぜひ参加したいというご意見が多かったことは嬉しい限りです。
皆さん日頃から愛護会活動に熱心に取り組んでみえる方たちばかりでしたので、議論が途切れるようなこともなく交流の輪が広がったのではないでしょうか。





担当:守山土木事務所






湿地にきらめく真珠!シラタマホシクサ

皆さんこんにちは、守山土木事務所です。
立冬もすぎ、雪の便りも聞こえてくるシーズンですね。今回は、まだ暑さの残る平成29年9月9日(土)、10(日)に行われた守山区八竜緑地での自然観察会について報告させていただくのです。 

この観察会は東海地方固有の植物で絶滅危惧種のシラタマホシクサ、マメナシ、シデコブシなどの貴重な植物について、市民活動団体の説明を聞きながら観ることができる貴重な日なのです!
image001_20171114112051fa8.jpg


自然観察会は普段入ることができないフェンス内の湿地に入り、貴重な植物たちと出会える機会とあって、多くの方が参加されるのです。報道の取材も来ちゃうのです。
image002_201711141120541dc.jpg


今回の「秋の観察会」主役!真白なシラタマホシクサなのです。
image003_20171114112046ad1.jpg


マメナシの実は黄褐色で直径1センチ程度(写真は10月)小粒な梨なのです。
image004_20171114112048d39.jpg


八竜緑地には他にも食虫植物の「トウカイコモウセンゴケ」など、東海地方の貴重な植物と出会えるのです。
image005_2017111411205358c.jpg


赤い花びら状の植物が「トウカイコモウセンゴケ」です。
タイミングがよければ昆虫などの捕食の瞬間を目撃できるかもしれないのです。
image006_20171114112049425.jpg


八竜緑地は名古屋市の東部丘陵北端、標高約90mに位置する特別緑地保全地区で、市民活動団体・大学・行政が協働で緑地保全のための管理を行っているのです。名古屋市内なのにこの自然なのです。
image007_20171114112057fa0.jpg


ここまで記事を読んでしまったあなたは、もう「春の観察会」に来たくなっちゃい
ましたよね。それでは、4月(初旬に予定)の観察会でお待ちしていま~すのです。
 




担当:守山土木事務所





どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集

緑地維持課twitter
農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ ランの館
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 公園みっけ!
・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。