大針中央公園のボランティア塗装表彰(株式会社アイチテクノ様市長感謝状贈呈)

 平成29年度から今年度まで3年にわたり、名東区大針一丁目の大針中央公園の柵や手摺りをボランティアで塗装してくださった株式会社アイチテクノ様への市長感謝状の贈呈を行いました。

     image001_2019112709175135a.jpg
         <所長より、遠山社長へ感謝状贈呈。左は業務課の前田様>

 株式会社アイチテクノ様は、毎年7月下旬頃、地域の子どもたちにも公園に愛着を持ってもらえるよう小学生のボランティアも募集し、社員の指導の下、一緒に塗装してくださっています。

     image003_201911270917523dc.jpg
       <小学生ボランティアも参加。当日の様子 令和元年7月31日>

     image005_20191127091754627.jpg
         <今年度は、公園の南西部分の柵がピカピカになりました>

     image007_2019112709175923d.jpg
             <所長室で副所長(左)も含め、記念撮影>

 社長さんは、「社屋のあるこの地で地域のためになることを継続していきたい。」とのことです。今後の会社の益々の発展をお祈りいたします。ありがとうございました。

担当:名東土木事務所

牧の池中学校職場体験学習

 11月14日及び15日、牧の池中学校の生徒二人が名東土木事務所に職場体験学習に来ました。
 14日午前は、東山グリーンウェイでの花苗植え、午後は、現場で補修班と一緒に作業を体験してもらいました。
image002_20191120102934860.jpg image001_20191120102933549.jpg
image003_2019112010292853e.jpg

 15日は街路樹公園パトロールに同行、午後は藤が丘の自転車撤去も体験してもらいました。
image006_20191120102931e62.jpg

 また、この日は、たまたま夕方に交通事故の緊急出動があり、オイル漏れにまいた砂の回収作業も手伝ってくれました。
image008_20191120102930a3a.jpg

 2日間の職場体験学習を終えて、二人は少し疲れた様子でしたが、盛りだくさんの内容で土木事務所の仕事をしっかり、体験してもらえたと思います。

担当:名東土木事務所

東山グリーンウェイの活動として、地元のみなさんと花苗の植え替えを行いました!

名東区の地元の皆様と名東ライオンズクラブ様のご協力により、東山グリーンウェイ「花と緑の歩道(みち)つくり隊」が花苗の植え替えを行いました。

〈第36回 高社~上社・花と緑の歩道つくり隊〉
日時:令和元年11月14日(木)9:30~10:30
場所:東山グリーンウェイ(東山通りの打越交差点から一社東交差点)
参加者:約40名 北一社学区(学区・女性会・青色パトロール隊)、名東学区(学区・子ども会・保健環境委員会)、名東ライオンズクラブ、名東土木事務所
対象施設: コンテナ26基ほか
植え付けた花苗:ノースポール、パンジー、ビオラ  320株(提供:名東ライオンズクラブ)

〈東山グリーンウェイのあらまし〉
東山グリーンウェイ事業は名古屋市東部の東山公園から東名高速道路名古屋インターにつながる東山通りとその沿線において、市民・企業・行政とのパートナーシップで「緑あふれる快適な空間づくり」を進める取り組みです。緑化を進めることで、生活環境や景観の向上などを推進し、東山公園など隣接する大規模公園・緑地と「緑のネットワーク」を形づくることを目的としています。

活動の一つとして「花と緑の歩道(みち)つくり隊」を結成し、名東ライオンズクラブ様に花苗をご提供いただき、市民の皆様のご協力のもとに沿道のコンテナの飾花と維持管理を行っています。

〈当日の様子〉
image001_201911181335179f7.jpg
↑当日明け方頃には雨が降っていましたが、開催時には青空が見られました

image003_20191118133519a6d.jpg
↑集合した隊員の皆様。準備万端です。 今回もたくさんの方々にお集まりいただきました!

image005_20191118133520568.jpg
↑植えつけ作業の様子

image007_20191118133521e86.jpg image009_20191118133512d2e.jpg
↑今回は土木事務所に職場体験に来ている牧の池中学校の生徒さん2人にも参加していただきました

image011_20191118133514902.jpg image013_2019111813351597d.jpg 
↑丁寧に植え付けていただきました!

夏の花のベゴニア・ポーチュラカからパンジー・ビオラ・ノースポールに植え替えていただきました。ありがとうございました!

担当:名東土木事務所

竹刈り体験会を行いました!

 11月3日に名東区猪高緑地で「竹刈り体験会」を行いました。

 ~竹刈り体験会~
 日時:令和元年11月3日(金)10:00~12:00
 場所:名東区猪高緑地
 参加者:83名(大人50名・子供33名)
 主催:名東自然倶楽部24名(緑のパートナー)
 共催:名東土木事務所5名・(公財)名古屋市みどりの協会4名

 猪高緑地にある竹林で、市民のみなさんと一緒に竹の間伐作業を行いました。薪炭採取や竹材利用を目的とした竹の伐採は行われなくなったことから猪高緑地でも竹林が目立つようになりました。竹は生長が早く、また隣接の樹林地に容易に侵入し、竹だけの林を形成していきます。放置すると急速に面積を拡大するため、竹林管理することが必要です。

 今回のイベントでは参加者のみなさんに、竹の切り方や竹の枝の払い方を体験していただきました。

 image001_20191107101809c45.jpg
 ↑今回は83名の方にお集まりいただきました。

 image003_20191107101804d29.jpg
 ↑伐竹作業の様子
 倒す方向を決めたら、地面の際から切っていきます。

 image005_20191107101806d68.jpg
 ↑倒した竹を短く切り揃えています

 image007_20191107101808b0a.jpg
 ↑作業しているうちにコツをつかんで、みなさん手際がだんだん良くなっていました。

 今回の竹刈りの体験を通して、里山保全の重要性や猪高緑地を管理していく上での大変さをご理解いただけたと思います。また、自然の中で体を動かす心地よさも感じられたのではないでしょうか。

 (注意)このイベント以外で竹を切ったり、タケノコを掘ったりすることは禁止されています。

担当:名東土木事務所

アンダーパスの通行はご注意を!

 近年、集中豪雨などによりアンダーパス(道路や鉄道などと立体的に交差している道路で、前後に比べて道路面の高さが局部的に低くなっている区間)が冠水し、通行車両が立ち往生したり、水没したりする事故が発生しています。
 名東土木事務所の管内には、上社駅の西に国道302号の下をくぐるアンダーパスがあります。
 このアンダーパスには、車両の水没事故を防ぐため、道路情報提供装置や水位を明示した路面標示が設置されています。今回の記事では、道路利用者の方に是非知っていただきたい道路情報提供装置について紹介します。
 
 大雨が降っている時、アンダーパスの冠水状況を目で見て確認することはできません。そこで、道路利用者へアンダーパス冠水状況をお知らせするための装置が、道路情報提供装置です。
 アンダーパスの最深部に水位検知器があり、冠水したときの水深に応じて道路情報提供装置の情報板の表示が変わる仕組みになっています。表示パターンは、以下の写真のようになっており、水深が15cmになると「路面冠水」・「通行止」の表示が出ます。ドライバーに通行止めであることを知らせています。

 image001_201909201144044cc.jpg
      <道路情報提供装置の情報板(上の写真)と表示パターン(下のイラスト)>

 次にアンダーパスを通行する際は、是非この道路情報提供装置を気にしてみてください。
なお、アンダーパスについての詳しい情報は、名東土木事務所のウェブサイトに掲載していますので、ご覧ください。
URLはこちら↓↓
http://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000112524.html

この記事は、名東区役所ウェブサイトのトップページからも見ることができます。

  image002_20190920114355a36.jpg
  image006_20190920114405d09.jpg
                <名東区役所ウェブサイトのトップページ>

 まだまだ台風シーズンが続きます。大雨が降っている時、情報板に「通行止め」と表示されていた場合は、必ず迂回していただくようお願いします。

担当:名東土木事務所

警察署の合同訓練に参加しました!

 9月3日(火)に牧野が池緑地公園西側の国道302号で行われた令和元年名東警察署合同災害警備訓練に参加しました。

 訓練には名東警察署を中心に私たち名東土木事務所、名東区役所、名東消防署、NEXCO中日本、一般社団法人名古屋建設業協会、名東区消防団連合会などの関係機関と合同で行われました。

 image001_2019091010391073a.jpg
              <名東警察署による国道302号の交通規制の様子>

 訓練は南海トラフ地震により名東区管内で被害が発生し、交通が途絶している想定で行われました。道路上に瓦礫が散乱し、車両の通行を阻害する段差が発生、放置された車両による通行支障や、倒壊した家屋や車両内に要救助者が取り残されているなど、様々な状況が発生しています。

 名東土木事務所は、名東警察署とともに地震の避難のために道路上に放置された車両を、車両移動用ジャッキを使用して路肩に移動し、緊急輸送道路を確保する訓練を行いました。
 image003_20190910103912086.jpg
             <車両移動用ジャッキを使用し、人力で移動している様子>

 また、一般社団法人名古屋建設業協会の会員業者は、路上に散乱した瓦礫を重機で除去する訓練を行いました。
 image005_20190910103914e31.jpg
             <ホイールローダーを使用した瓦礫の除去作業の様子>

 そのほかにも、NEXCO中日本の段差解消装置(ポータブルスロープ)を使用して段差を乗り越えて通行できるようにする訓練や、名東消防署の隊員による被災家屋や被災車両からの要救助者救助訓練、消防団の方による要救護者の救護など様々な状況を想定した訓練が行われました。
 image007_20190910103904c29.jpg
           <ポータブルスロープを使用して、段差上を走行している様子>

 image009_201909101039085be.jpg
               <倒壊家屋から要救助者を救助する様子>

 image011_20190910103906b9e.jpg
               <被災車両から要救助者を救助する様子>
 
image013_20190910103909d73.jpg
                 <要救助者に救護措置を行う様子>

 このように今回の合同訓練では、名東区内の関係機関が一堂に会し実施することができました。実際の災害時にも、地域の関係機関が連携・協力して復旧作業を行うことが重要です。今後も今回のような合同訓練を通じて関係者間の連携を強化し災害に備えていきます。

担当:名東土木事務所

総合防災訓練に参加しました!

 防災の日の9月1日(日)に上社中学校で大規模地震の発生を想定した総合防災訓練に参加しました。
 訓練は、市民の方をはじめ、名東土木事務所、名東区役所、名東消防署、名東警察署、名東区消防団連合会などの関係機関が参加して行われました。

 私たち名東土木事務所は、名東消防署、名東警察署、名東区消防団連合会と合同で震災対応訓練を行いました。 

 グラウンドにはカラーコーンで仮の道路を再現してあり、倒木や倒壊したブロック塀が道路をふさいで、緊急車両が通行できない状態から訓練が始まります。被災した道路の先には倒壊した家屋もあります。

image001 (1) image003_20190904104504dd9.jpg 
        <被災した道路>                   <倒壊した家屋>

 緊急地震速報が鳴り、地震が発生したと想定し対策本部が設置されます。震災発生後、名東消防署に新たに導入されたバイク隊「赤鯱」が、道路状況や家屋の倒壊などの情報収集を行いました。自動車が通れない悪条件な道路でもバイクなら通ることができます。

image005_20190904104505e4f.jpg
<道路上の支障物を交わして走行する様子>

 バイク隊からの情報をもとに、土木事務所が出動します。交通誘導を行いながら、道路をふさぐブロックや倒木を撤去して、緊急車両が通行できるように道路啓開を行いました。

『道路啓開』とは・・・
道路啓開とは、緊急車両等の通行のため、早急に最低限のガレキ処理や簡易な段差修正を行い、救援ルートを開ける(切り開く)ことをいいます。大規模地震発生後は、応急復旧を実施する前に救援ルートを確保する道路啓開が必要となります。

名古屋市道路啓開計画について

image007 (1) image009_20190904104509e73.jpg
    <機械を使用しての撤去作業>           <後方誘導による規制状況>

 その後、警察車両が出動しての避難地域警戒訓練や、倒壊家屋において発生した火災について消防署・消防団による一斉放水訓練が行われました。

image011 (1) image013_20190904104511a69.jpg
  <警察車両による避難地域警戒訓練>    <消防署・消防団による一斉放水訓練>

 各機関が連携・協力して震災時の復旧対応が行われる様子が多くの方に理解していただけたのではないかと思います。

そのほかにも市民の方が各班に分かれての訓練を行いました。小さなお子様も積極的に参加されていました。
image015 (1) image017_20190904104501036.jpg    
         <応急救護訓練>                <仮設トイレ組立体験>

 今回の防災訓練は市民の方をはじめ、多くの関係者が参加して実施されました。実際に災害が発生した時には、地域の関係者が連携して復旧作業を行うことが重要です。

 今後も今回のような合同訓練を通じて、関係機関の連携強化、災害への備えなど、防災意識を高めていければいいと思います。

担当:名東土木事務所

大針中央公園 ボランティア塗装!

 7月25日から今年も株式会社アイチテクノさんが、名東区大針二丁目の大針中央公園の格子柵の塗装をボランティアで行ってくれました。
 これは地元、大針一丁目で塗装・防水工事等を手掛けているアイチテクノさんが、地元への社会貢献の一環として、また子ども達に公園への愛着持ってもらおうと小学生ボランティアも募集して行ってくれているものです。3年目の今年は公園の南西部の格子柵がピカピカになりました。

 image001 (1)
 7月31日、この日は小学生ボランティアも参加。所長から挨拶。手前は社長さんです。

 image003 (1)
 社員の方から塗り方の説明です。児童たちは、真剣に聞いています。

 この日は、名古屋市の最高気温が36.8℃。とても暑い日でした。
 image005 (1)
 いつまでも自分で塗った格子柵のこと忘れないでください。


<塗装前>                 <塗装後>
image007 (1)  image008 (2)

こんなにきれいになりました。手伝ってくれた小学生のみなさん、アイチテクノさん、本当にありがとうございました。

担当:名東土木事務所
どりょくん日記とは

名古屋市の道路・川・緑を守る
緑政土木局の公式ブログです。
市民の皆さまとの協働事業や
名古屋市職員の取組みなど、
いろんな事を紹介していきます!

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ
ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします!

どりょくんについて
「どりょくん」は、緑政土木局補修班のイメージキャラクターです。ゆるキャラブームも落ち着きを見せ始めた今、完全に出遅れた感ありありですが…(汗)みなさん応援よろしくお願いします!
↑↑オリジナルPRソング
「ぼくどりょくん!」

ぜひお聞きください!
最近の記事
リンク集


農業センターtwitter
農業センターfacebook

⇒ 緑化施設・公園のブログ


・ 東山動植物園
・ 久屋大通庭園 フラリエ
・ 徳川園
・ 白鳥庭園
・ 東谷山フルーツパーク
・ 戸田川緑地・農業文化園
・ みどりが丘公園
・ サンビーチ日光川
・ 稲永公園野鳥観察館

・ 行こうよ公園
・ 名古屋市公式ウェブサイト


カテゴリ別一覧
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去の記事(月別)
ブログ内検索
メールフォーム

管理者あてのメールフォームです。このブログに関するご意見・お問い合わせは、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールアドレスは誤りのないようご入力ください。